FC2ブログ

『D.Gray-man24』コミックス感想 その1。

前回から1年7ヶ月ぶりの刊行、「D.Gray-man」24巻です。 副題:「キミの傍に」

第213夜から第218夜まで6話分の収録、総頁数188となっていますが、分量的には既刊コミックスの中で最薄の2巻(184頁)と同じになりました(口絵含めず)。 
 WJ掲載時代の18巻までは表紙の表裏4頁分を含まない表示になっています。

それでも内容はみっしり。
巻末の「コムイの実験室・奇怪画コーナー」は健在ですし さりげなく細かな設定解説をしてくれる「コムイの談話室コーナー」が各話の後に計6回分入りました。

次巻の予告はなし。


▽ 表紙カバー・表側

イラスト主役は 鴉の呪符を手にしたハワード・リンク。 背後にやや離れて枢機卿姿のアポクリフォスの後姿。
詳細はSブックナビ・拡大画像の方で。
http://books.shueisha.co.jp/CGI/search/syousai_put.cgi?isbn_cd=978-4-08-870539-2

リンクは横顔を見せてますが、厳しい視線を後ろに走らせている・・・

アニメイト限定プレゼント替えカバーの「14番目」が これと顔の向き・視線をそっくりにしてあって、対比が面白いですね。
こっちは逆に薄い笑いを浮かべているところですが。
http://jumpsq.shueisha.co.jp/contents/6th/

14番目カバーの方にも、SQHP紹介のこの画像では切れてしまっていますが人物の横(右側)にリンク横のと同じ十字架が配置になっています。
・・・なんでこちらも全員プレゼントにしてくれないんでしょうか^^;


▽ 表紙カバー・裏側

上の方から覆い被さるように ティムキャンピーを襲った人の手型の侵蝕と謎の木片。

その下一番大きく この巻初お目見えの幼少時代のネア・横顔。 前方を見据える瞳は金色に描かれています。
でもアニメイトカバーの人物のような黒い肌じゃない・・・
モノクロページ本編の彼と双子の兄のマナはというと 白い肌に黒い瞳としか見えない描かれ方ですが、さあどう解釈したものか(笑)
(これ、肌は黒くなくて金の瞳をしていたという赤腕少年と出会った頃のマナ(小説版)の描写と併せ、興味深い所ですね!)

そこから下は全員コミカルなタッチで

走るティエドール元帥&付いていく通信ゴーレム達。
同じく走るデビット&コケるジャスデロ。
神田の頭上二段重ねのティムと神田ゴーレム。
並んで座るジョニーとアレンの腕には科学班の逃亡防止手錠・・・でアレンは御機嫌ななめ。


▽ カバー折り返し

画像は机上の手帳、筆記用具類と眼鏡、赤いコーヒーカップ。

星野桂先生コメント。
「今回久しぶりに談話室をやってみました。 いっぱい喋ってるので お菓子食べながら 頑張って読んでみてください。」


▽ カバー下漫画

こういう所を事細かに説明しては台無しです(笑) タイトル「ゆけゆけマスコット」 ネタ満載ですよ。
主役は、この巻悲劇だったティムキャンピー。 星野先生の優しさが沁みますv

あくまでティム目線の解説が付いておりまして。ライバルはことごとく「あざとい」の「なまず野郎」のと・・
リンクでさえ「ハイスペックパティシエ」、アポクリフォスに至っては・・・(もうやめときます)
やっぱり実際に読まないとね。


▽ 口絵イラスト

仏紙を広げるクロス・マリアンの背中にもたれて居眠りの幼少アレン。
師匠のフキダシ「・・・・・」
アレンの膝の上には特大ぬいぐるみサイズのティム。 彼に両手を突っ込まれたままで口が閉じられない様子。
前には文字びっしりの分厚い本が広げてある・・・勉強中だったか。

枠の外に「Near you …」
巻の副題「キミの傍に」と同じ意味です。


▽ コミックス扉絵

目を閉じて気持ちよさげに風に吹かれている幼少ネア。

こちらは枠の中「On the side of you」
これも「キミの傍に」と訳せますが、双方でニュアンスを出したかったのかまで不明。



第213夜の頃、広大な麦畑は「豊饒の大地」を示すもので、12月25日をA.W(アレン・ウォーカー)誕生の日とするなら山羊座の「地」の象に当たる話をしてましたが。

その回、実った麦の穂と共に生まれたての双子の赤ん坊が描かれています。 その時期の生まれとするならふたご座あたり。
ネアは「風」の象ということになります。

ずっと各話のサブタイトルに付いてきた「A.W(アレンウォーカー)をたずねて」の中で辿り着く、風と大地の溶け合う原風景。

アレンとネアが同一人物という事の暗示ではないか・・・という妄想いまだ健在です。


とりあえず今回はここで切りまして。

本編については次回から。 それでは。








関連記事

コメント

Re: 暇人mkⅡさんへ。

やっと論旨が見えてまいりました(^_^;)
作り物は命令に絶対服従・・ですか。

しかし命を持つ人間でも精神的な支配を強く受け規範からはみ出せなくなっている者はいくらでもいますし、必ずしも命のあるなしが可能性を分かつ障壁ではない気がします。
Dグレ物語では既に「生命の理を乱す」存在までが浮上してきていますしね。

「ロボット三原則」
(1)人に危害を加えてはならない
(2)(1)に違反しない範囲で命令には絶対服従
(3)(1)(2)に違反しない範囲で自己防衛

ゴーレムは分類上ロボットの範疇に属するでしょうが、ティムキャンピーにアシモフの三原則が練りこまれているかは疑問ですね。
特に(2)について。
北米支部ではリンクの呪符で動けないアレンを守るため、襲い掛かってきたテワクを跳ね飛ばしています。
小説版3巻では“赤腕”少年、正確にはその中の主(あるじ)ネアを守るため 製造者のクロスにまで牙をむきました。
すでに「ロボット」としては立派な反逆者です。

第213夜のリンクの台詞。
“心一つで運命にさえ抗えるなら見てみたい”というのは、第何夜のどこに当たるというより 
このD.Gray-manという作品の根幹をなすテーマではないかと。
逃れられそうにない運命をあてがわれたメインキャラ達を中心に、ここは登場人物全てを巻き込んでいると思いますよ。

ハートの御方側の事情はまださっぱりです(笑)出てこないんですから。 
今後に請う御期待!

No title

>もしアポクリフォスに命が発生していたとして、暇人mkⅡさんはそれがお話の進行上どういう影響を持ちそうだとお考えなんでしょうか?
生命を持つもの・持たないものとで殺すと壊すの違い・・も、区別する意味はどこにあるのか。
どうもピンとこないんです。
魂が悲鳴を上げつつ壊れていくのはやはり見ていて辛いですから。

お返事を書いていたのですが、間違えてブラウザを閉じてしまいました......う~ん........

かなり端を折りますと、フォーとかティム等の主従関係による不自由意志について書いてました。
自我があっても、命が無ければ束縛されているんですよね。(ちょうどロボット3原則の2つ目と3つ目の関係でしょうか。)
ルール(規則)の方が重要なので、それを破棄してまで行動する事が出来ない。それでは命を持つというにはやはり不完全なのでしょう。

213夜のリンクの発言(ラスト付近)は、12巻115夜辺りと対応してるのでしょうかねぇ・・・
ハートに適合者がいて、それがただハートに搾取されるような存在ならば、作り物と大差ない見下げ果てた者かもしれません。

Re: 暇人mkⅡさんへ。

こんばんは! 長いことお待たせしてしまいました。リアルの方で家族の行事が続いて体力がもたず・・・ごめんなさい。

> そう難しく考える必要も無い

そこは大事ですね。
作品の読後感想を語り合うにしても、こだわりたい部分や解釈は人それぞれですから 眉間にしわ寄せて議論はしたくないですよ。何より娯楽作品なんですしね!

D.Gray-manを読んでいると「命」よりは「心(魂)」の方がずっと重いテーマとして扱われている気がしています。
AKUMAに内蔵されて苦しめられている魂はもう命を持たないですが、主人公はそれを救おうとしているのだし。

アポクリフォスはどこまでもイノセンスであり、他のイノセンスを自分より下等であるような物言いはしてますが一般のイノセンスと性質的にはそう大差はないと私は思っています。
アポクリフォスに命があるとするなら他のイノセンスも同じじゃないですかね。地球外生命体みたいな。

もしアポクリフォスに命が発生していたとして、暇人mkⅡさんはそれがお話の進行上どういう影響を持ちそうだとお考えなんでしょうか?
生命を持つもの・持たないものとで殺すと壊すの違い・・も、区別する意味はどこにあるのか。
どうもピンとこないんです。
魂が悲鳴を上げつつ壊れていくのはやはり見ていて辛いですから。

あと、「人間を意のままに動かそうと」というのは表現がまずかったですかね。
アポクリフォスらが正体を隠して人としてふるまい、記憶の操作までしながら人間達の行動を誘導していくという程度の意味で言ったので 適合者と融合して意識をコントロールするということではありませんでした。

可能性としてはあるでしょうが、詳しくは今後のお話を見てみないとわかりませんね。

どうも煮え切らない感じですがここまでで。

No title

>この一行で暇人mkⅡさんがどういう状況をイメージしているのかイマイチ分かりませんが。

一言で言うと、命に相当するものがアポクリフォスに存在するかも・・・ということですね。
AKUMAとかララとかティムとかフォーはあくまで創られた存在であって、人を素材としたスカルには命の定義上は及ばないのですが・・・(壊すと殺すの違いです。)
もとより一時は人に間違えられたアポさんなのですが、命の理に近しいものを有するような?そんなイメージです。

>それどころか人類側がイノセンスを戦争の道具として利用しようとし始めたのはたかだか100年前からですが、イノセンスの方はそれより遥か昔から 証拠を残さないよう策を巡らしながら取り憑いた人間を意のままに動かそうとしていた事実が明らかになりましたよね。

さあどうなのでしょう?アポクリフォスはハートと自身の存在を隠しますが、故にハートの実態も未確定です。
適合者を有するのならとハートそのものとの意識にずれがどの程度あるのか、優先権はどちらにあるのか・・・(同化するのかしないのか。)
イノセンスの変化が事実なら、(いる場合は)適合者による影響が0という可能性は低いはずです。
それ以前に、アポさんは過剰に処理している感じもあるかもしれませんが。

まあ心はあるのでしょうから、そう難しく考える必要も無いような・・・?

Re: 暇人mkⅡさんへ。

またこんばんは~!

> ・・・アポクリフォスは人と人形の境界にまつわる問題を抱えている疑いがあるような。

この一行で暇人mkⅡさんがどういう状況をイメージしているのかイマイチ分かりませんが。

アポクリフォスは混じりけのないイノセンスそのものということなので、彼の登場によって イノセンス側も明確な意志を持って人に働きかけてきた歴史があることははっきりしました。
それどころか人類側がイノセンスを戦争の道具として利用しようとし始めたのはたかだか100年前からですが、イノセンスの方はそれより遥か昔から 証拠を残さないよう策を巡らしながら取り憑いた人間を意のままに動かそうとしていた事実が明らかになりましたよね。
アレンやクロス、神田等へのアプローチを見る限り 人間の方がイノセンスに踊らされ支配される側=人形といった感じもします。

しかしイノセンスを完全に放棄してこの先を戦うのも不可能ですし、そうしたくてもできない。
アレン達が今後イノセンスとどう折り合いを付けていくのかが見ものですね。

コメントありがとうございました。

No title

>物語としてのD.Gray-manがその題材を謎解き目的に採用しているかについては、私はちょっと疑問視しているのもあって。
一応漫画作品ですからね!
読者が種明かしをされてもピンとこないほど難しいものは わざわざ使わないのではないかと。
視覚的なイメージの広がりやすいタロットの一般解釈くらいが関の山じゃないかなぁ・・・

>> 魔術的な象徴として度々用いられる存在です。

>そうです。雰囲気を出すためというとちょっと軽いですが^^; そこまでなのではと。

まあ、本来の生命の樹に立ち返った意味そのままなのでしょうね。
(ちょうど、アトゥーダのところの解説通りにとらえればよろしいのでしょう。)
デザインの違いはそのアプローチが異なる事を示唆するものかと。

・・・アポクリフォスは人と人形の境界にまつわる問題を抱えている疑いがあるような。

Re: 暇人mkⅡさんへ。

こんばんは。いらっしゃいませ。

> 生命の樹について書こうと思ったのですが、別にそれほど詳しくないのが実情だったりもします。

ですよね。私もです。
それ専門に立ち入れば深いテーマですが、物語としてのD.Gray-manがその題材を謎解き目的に採用しているかについては、私はちょっと疑問視しているのもあって。
一応漫画作品ですからね!
読者が種明かしをされてもピンとこないほど難しいものは わざわざ使わないのではないかと。
視覚的なイメージの広がりやすいタロットの一般解釈くらいが関の山じゃないかなぁ・・・

> 魔術的な象徴として度々用いられる存在です。

そうです。雰囲気を出すためというとちょっと軽いですが^^; そこまでなのではと。

> ダアト(ダート)については知っておいたほうが良いかもしれません。
> 隠れた存在であり、深淵の上にあり、人体では喉仏の辺りに相当し、ルシフェルとの関連もあるいわく付きの物件です。(・・・あれ?)
> 知識と訳され、これは経験を伴ったものであるとのこと。

このへんが聖書の創世記3章の、人が禁じられた知恵の実を食べた逸話が関係しているのでしょうね。
アダムが食べた実をつまらせた跡という喉仏(Adam's apple)は人の罪の象徴。
Dグレなら、ティキ・ミックにだけ喉仏にノアの聖痕が出ていることで アダム(千年伯爵)が何か禁忌を冒して生前のネアそっくりと言われる彼を存在させているんじゃないか・・という妄想だけは逞しくしています。
だいぶ前にそこで止まっちゃってるんですけれどね(笑)

> アポクリフォスの十字のシンボルを喉と心臓の中間にした理由は何なのでしょうね。(意図がないのかあるのか。)

深くは考えませんでした。
アレンの左手についているのと同じという大事なシンボルである都合上、読者の目に付きやすい位置にしたんじゃないかという程度の認識でw

> ところで、喉と心臓というと、善悪の知識の実を思い出すかもしれませんが、生命の樹はもともとそちら関係でしたっけ。

善悪を知る知恵の実は楽園の中央にありますが、生命の樹はエデンの東にそこへ通じる道があるとかで…確か楽園の外ですよね。
でも聖書に生命の樹に関してそれ以上詳しい記載があったかどうか。私はよく知らないです。


> 夢は脳が記憶を整理する時にみるとか

よく人が不安になるような夢を見た時に専門家に相談するとそういう答が帰ってくるんでしたね。
Dグレの中では・・・アレンがネオギプスの回で見た変な夢がその典型だったかも。
私は、あれは彼の不安な心が投影した景色で あの時何かが外から働きかけたせいだとは解釈していません。

リナリーが見ていた教団崩壊の夢は、予知夢かも知れませんし。

アレンがネアと交代させられる時に出てきた夢は多分“2人”同時に見ている、自分の脳にしまわれた現実の記憶だと思います。
アレンもネアの記憶を見ることができるのは あの雪の中でマナがネアに呼びかけるシーンで実証済みですから。

「夢」と「記憶」は劇中繰り返し出てくるキーワードですね。
これからも気をつけて見て行くつもりです。

コメントありがとうございました!

Re: やよいさんへ。

やよいさん今晩は。 
昨日新刊買えましたか!
良かったですね。地方によってはまだの所もあるみたいで。
こんなコメント欄では語りきれないほど、嬉しさが伝わってきますよw
星野先生のまんべんないキャラ愛も御健在でしたねー。

> 本編の考察も楽しみに
どうもありがとうございます。なるべく急がないとですねv

それでは。

Re: 秋槻さんへ。

どうも 初めまして。いらっしゃいませ(*^_^*)

> 正確で早い

どうもありがとうございます。
なるべく誤報は出したくないので公式発表を待っていたりでそんなに早くもないんですが、私が気がつかないでいると他の方が教えて下さったりもして助かっています。

たまに公式でも表示を間違えたり出した発表を取消したりというのは・・・仕方ないんでしょうが、その後それについての言及が一切ない所が混乱の元で いちばんの問題だと思います。

こんな個人ブログで告知記事なんか出さなくてすむようになるのが理想ですね。

新刊発売は素直に喜びたいですね!
とにかくこれでファン同士、遠慮なく話ができるようになったんですから。

コメントありがとうございました。

Re: ディアノンさんへ。

こんにちは! いちはやくコメントありがとうございます。
お返事がたいへん遅れまして失礼しましたー!

待ちに待った新刊、どこを取っても嬉しい所だらけです。

> カバー下の漫画・・・
意外に忘れ去られやすい所かも。
もう御覧になったと思いますが・・・ ここも本編で恵まれないキャラの救済コーナーみたいになってきましたね^^;

> 本当によいタイミングで楽しめました(´∀`)∩
> 続きも楽しみですねw

はい。 連載再開の朗報も早く聞きたいですよね!
それではまた。

嗚呼、よく分からない・・・

生命の樹について書こうと思ったのですが、別にそれほど詳しくないのが実情だったりもします。

一口に生命の樹といっても、シンボルデザインも多様化されてるんですよね・・・
24巻(22P)のアトゥーダのバックに書かれているものもそうですし、魔術的な象徴として度々用いられる存在です。

"誓いの子守唄"様で取り上げられていた、ノアの唐草模様(5巻43夜扉絵、21巻198夜拘束椅子)もその一つだったりもします。
なお、カバラで同一視されたりするセフィロトの樹は、アダム・カドモンの背中に対応するという説もあった気もしますが・・・まあ、当時の私はあまり乗る気ではなかったようです。

しばし十字架にもその片鱗を見るものがありますね。例えば「22巻203夜ラストのアポのバック」とか。
"ClockWorkRose"様で一回書きましたが、ダアト(ダート)については知っておいたほうが良いかもしれません。
隠れた存在であり、深淵の上にあり、人体では喉仏の辺りに相当し、ルシフェルとの関連もあるいわく付きの物件です。(・・・あれ?)
知識と訳され、これは経験を伴ったものであるとのこと。
・・・概念から言えば、"記憶"はそれほどかけ離れたものではないのかもしれません。(はい、ヴヴヴの録画を見ました。)

ダアトが喉なら心臓は?というと、これはティファレト(美)でした。太陽と関わりがあるらしいので、もし太陽が多く描かれる事があればそういうことかもしれません。


アポクリフォスの十字のシンボルを喉と心臓の中間にした理由は何なのでしょうね。(意図がないのかあるのか。)
ところで、喉と心臓というと、善悪の知識の実を思い出すかもしれませんが、生命の樹はもともとそちら関係でしたっけ。


そうそう、24巻を読んで思い出したのですが、夢は脳が記憶を整理する時にみるとかなんとか。
夢とうつつ(現)(対比)、夢と記憶(関連)・・・う~ん、何でしょうね。

遂にですね!!

私は本日読みました!
(地方は発売日がずれるので)
ほんっとに、嬉しいです!
めちゃめちゃニヤニヤしながら読んでましたたぶん!笑
談話室やミニポスターやらとても内容濃いですよね!
ポスターは、いつもと印象がちがって、引き込まれました(,,> <,,)♡
談話室でいろいろ設定聞けて楽しかったです♪
神田が、ヒロインはリナだ!って連呼してるのは意外でしたし笑
しかも、最後にら!ラビがあああ!!
こんなに一冊だけで、満足できる本他にないとおもいます╰(*´︶`*)╯♡
やっぱ星野先生最高です!!
こんなに間空いても、まったく冷めませんでしたもん!
これからも、楽しみですね!

それでは、次回のキャンピーさんの本編の考察も楽しみにしております(*´艸`)

祝24巻!!

はじめまして。
いつも閲覧させて頂いております^^

ティムのしっぽさんの情報は正確で早いですし、公式ものを見るより当てになるというか…ほんとにとにかく助かってます!
ありがとうございますm(_ _)m

24巻出て、よかった!の一言に尽きます。
星野先生のファンであるかぎりじっと待つんだ、と思いつつやっぱりとても不安でしたよね。
でもほっと安心しました。

今後、本編感想の方も楽しみにしていますね^^
また頻繁にお邪魔します。
ではでは。

24巻 無事買いましたよ~(´∀`)

そしてあっという間に読破してしまいました(´;ω;`)
長く待つ方も描く方も大変なのに読んで楽しむのは一瞬w

雑談コーナーもわてくしの大好きなティキとワイズリーさんが居たので隅々まで読んで
奇怪画コーナーのリンクさんのコメントも読んで
カバーにある先生のメガネのフレームや手帳かわいいな(´ω`)なんて眺めて

その後外出してから
「カバー下の漫画・・・まだ読んで無かった(ホゲエ!)」
と、気づいた訳ですが

また秋葉原←から帰ったらゆっくり読みます(´ω`)

3連休ですからね

本当によいタイミングで楽しめました(´∀`)∩

続きも楽しみですねw
Secre

最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ついったー
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
121位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
26位
アクセスランキングを見る>>
御賛同頂ければ☆

FC2Blog Ranking

『ブログ村』参加カテゴリ
『ブログ村』PV
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブログバナー(※ここのです)
月別アーカイブ
プロフィール

キャンピー

Author:キャンピー
Yahoo!ブログから移動して'12年10月25日オープン。
それ以前の日付記事は旧ブログからの訂正版です。

生年:不明。35年前には存ざ(ry
BD/Btype:8月某日(Leo)/AO型
身長:160cm
体重:標準(自称)
家族:5人。夫と子供3人(男・男・男)
好物:漫画はDグレでお腹一杯。

<他ツイフィールまで> http://twpf.jp/ripvansf
   

Dグレの応援お願いします。
漫画「D.Gray-man」は、2004年5月31日発売の『週刊少年ジャンプ27号(6月14日号)』で連載を開始し、2009年『少年ジャンプ22,23合併号』(第186夜)まで掲載。 以降2009年『赤マルジャンプ9月20日号」に第187夜掲載を経た後、第188夜からは同年11月発売の月刊『ジャンプSQ.2009年12月号』で連載再開。そこから2013年刊行の『SQ.2013年2月号』の第218夜までを掲載。 同年『SQ.4月号』誌上で編集部より「再開未定の一時休載」告知。 2年半の長期休載を経て、2015年7月17日発売の季刊誌『ジャンプSQ.CROWN(スクエアクラウン)』に場を移し連載が再開しました。 その後、掲載誌は2018年4月16日発売号より『SQ.RISE(スクエアライズ)』とタイトルを変えてリニューアル。現在も継続中です。 コミックスは2013年11月に24巻発売(第218夜まで収録)・2016年6月3日に25巻発売(第222夜まで)・2019年2月4日に26巻発売(第230夜まで)。      <星野桂先生のインスタグラムアカウント(@Katsura_5600)も現在元気に更新中>   
巡回先リンク
順不同です。更新状況その他都合で変更あり。
FC2カウンター
延べ来場者数
Dグレサイト検索エンジン
Dグレファンの個人運営サイトが多数紹介されています。検索に便利。ただし訪問先では各所のルールに従って管理人さんに失礼のないようにしましょう。 
「ディーグレイマン ナビ」 「ディーグレイマン サーチ」