『D.Gray-man』連載開始10周年!おめでとうございます。

▽ Anniversary

いよいよ今日はXday。 
ちょうど10年前の2004年5月31日(月)は、「D.Gray-man」第1夜(opening)が掲載された『週刊少年ジャンプ27号(6/14号)』の発売日でした。
私なんかは『ジャンプSQ』に移籍になった年初めてファンになった後発組なので 当時の様子はさっぱりですが、
その頃から今日までDグレを応援して来られた方々は感慨もひとしおでしょうね。

➔ Dグレの連載が開始した『週刊少年ジャンプ27号(6月14日号)』(5/31発売)に関するブログ記事

ツイッターでは日付の変わった深夜からお祝いのツイートが集まり、ちょっとしたお祭り状態でした。
絵が描ける方はお祝い絵をどんどん上げられるし、お祝いツイートも多数。
「Dグレ10周年」とか「D灰」というワードがトレンド入りしたりして…  本当に盛り上がって楽しかったです。

あと、去年夏「神様ドォルズ」のOPパロ動画を紹介しましたが、http://kuriparu44.blog.fc2.com/blog-entry-428.html
昨夜はまた あの中の有志が集まって制作した「デュラララ!!」のEDパロを公開していました。 動画は以下の通り

動画制作:パルプンテさん 
動画師:匿名Fさん
イラスト提供:亥樫あるんさん・こけこさん・斑鳩花さん・リンネさん・銀pyonさん・南都かなるさん・雨林さん・藤世さん・オーレさん・杜若夕さん 以上計11名
(※ いつものお願いですがここからの画像の持ち出し・無断転載は決してなさいませんよう)



今はネット環境が整って全国のDグレファンと同時にお祝いができて・・・ 有難いことですよね ほんと。



▽ 折れない救済者

『D.Gray-man』て結局、星野先生がやりたかった「ゾンビの話」になってません?

『灰色ノ聖櫃(グレイアーク)』のインタビューに 次回連載作品のテーマを「エクソシスト」にするか「ゾンビ」にするかという攻防戦があって結局星野先生が押し切られた形で「エクソシスト」の話を描き始めたという経緯が語られていますが・・・

『D.Gray-man』という作品の主人公:アレン・ウォーカーは、『Zone』に登場するエクソシスト:ロビンの生き方(=魂の救済者)を主軸にしつつ、目的の為なら死んでも死なないゾンビ少年:太陽(『Continue』主人公)のタフな所もちゃっかり盛り込んで 
先生が描きたかったものはすべて実現してしまったという事ではないでしょうかね(笑)


こんな作品の作者さんだからこそ、と 私もどこか楽天的に構えていられるのかも知れません。
D.Gray-manはたぶん何があってもちゃんと完結してくれるはずだと…

心配があるとすれば、やはり 星野先生の健康問題だけですね。



こんな素敵な作品を10年もの長きに渡り続けて来られて 
本当にありがとうございます。

どうか星野先生の御病状が少しでも良い方に向かわれますように

連載再開を信じていつまででも待ちます。 




それではまた。




※「シロクロライン」(管理人:とらみさん)記事の、Dグレ10年をまとめたグラフ(本誌への掲載/休載状況)が大変為になりました
➔ 「Dグレって十年中どのくらい連載してたのかを表にしてみた」 http://iwanttoknow.blog27.fc2.com/blog-entry-963.html
関連記事

2 Comments

まだコメントはありません

キャンピー

Re: 7/19 23:41に鍵付きコメントを下さった方へ。

初めまして 嬉しいお言葉と応援をどうもありがとうございます。

休載期間が延びるばかりで巷はもう他の漫画やアニメの話題ばかりですが、Dグレで早く盛り上がりたいですよねぇ~・・・

元々ノリの悪いところに輪をかけてテンション低めでwww 申し訳ありません。

ここもまだ頑張りたいですね。


何か面白いネタが降りてきますように!(笑)

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2014/07/19 (Sat) 23:41
  • REPLY