FC2ブログ

状況に変りありません。(『ジャンプSQ.11月号』)

今回も御報告が遅れました。 モチベーション仕事して。

本日発売の『SQ.11月号』誌上にも 「D.Gray-man」の連載再開告知はありません。



先月の告知通り、「新テニスの王子様」の名物キャラ・跡部景吾さんが 今号掲載の別漫画中や目次ページなどあちこちに出没するという企画がありまして(この「SQ.ジャック」の理由は、発売日の今日10/4が彼の誕生日ということらしく)。
「跡部ジャック開催!」

「跡部様をさがせ!」の種明かしまでここでできませんので、正解者プレゼント等に御興味を持たれた方は本誌を買って捜して下さい。 今月号は税込570円。
そういえば去年の今日はツイッターのトレンドに「跡部様」が上がって、NHK番組でも紹介されていたのが懐かしいですねw


そんなわけでアンケートハガキにも関連の設問が 6.と7.に。




6. 跡部ジャック企画が雑誌購入の動機になりましたか。
7. 今後SQ.をジャックして欲しいキャラクターを教えてください。(3名まで)
      
うわー/// 誕生日にこだわらなくてもいいのかしら!?

…でもちょっと。
オモテの番号から作品名を選び、そのキャラクター名を書いてください)

------ D.Gray-manにも番号下さいよううう(泣) ------

Dグレが普通に掲載されてたら書き込めたんですよねこれ。 どうしてこんな夢の企画に乗れないんでしょう・・・・
SQ.本誌のあちこちにラビやアルマやクロウリーやティムや(笑)
いやいや。アレンや神田がいたら気が散って読めなくなりそうですがwww

再開祈願も切実になって参りました。


その上の設問5. なんて怖いですからね…!|д;)
あなたがそれまでに買っていたコミックスの購入をやめてしまうきっかけがあれば教えてください(1つ)
①展開が好みでなくなった ②好きなキャラクターが出てこなくなった ③雑誌で読むことにした ④刊行ペースが遅くなった ⑤なんとなく ⑥その他


完全に忘れ去られないうちに再開お願いしたいです(ごめんなさい)



次回SQ.12月号の発売日は11月4日(火) 特別定価の税込590円になります。


関連記事

コメント

Re: kouthnさんへ。

どうもはじめまして。わざわざご挨拶をありがとうございます。

私のファン歴はkouthnさんの半分くらいなんですが、最初順調だったSQ.での連載もとうとう止まってしまったので ようやく週刊掲載時代の苦労話も実感できますね(苦笑)

普段近くにDグレの話題が持ち出せる相手はいないけどずっと大好きという方、案外沢山いらっしゃいますよ。
最近はここの記事も滞りがちですが、「まだ終わっていません」という目印になるだけでもブログは続けたいと思います。
これからもどうぞよろしくお願いします! それではまた。

嬉しい

こんばんは!
Dグレの再開まだかなーと検索したところこのサイトを見つけました。
自分は昔からずっと好きで連載一回目から惚れてずっと読んできました
それが休載が続き悲しいですよね…
正直周りにはもう忘れかけている人もいるのにこうやって毎月再開を楽しみにして更新してる人を見つけて仲間がまだいてとても嬉しいです!
ホントに再開されるかも正直まだまだ分からないですがずっと応援し祈りましょう

Re: yochichiさんへ。

今日はw
何か反応を頂くとこちらの刺激にもなります。またよろしくお願いしますね!
ありがとうございました。

キャンピーさんへ
分かりやすい説明、ありがとうございます!さすがにコミックスカバーに手抜きはしませんよねw
ロードの表紙ですか…。確かに何か怖いですよねというかなんか不気味に感じます。ちょっとこれについて気になったので考えてみようと考えます。

Re: リイさんへ。

> カインとアベル
神話というかこっちは聖書の中の物語ですね。アダムとイブの最初の息子達。
兄弟はやっぱり仲睦まじい方がいいですよね・・・ ギリシャ神話の方がのどかなんでしょうか(笑)

ありがとうございましたv

返信ありがとうございます。カインとアベルという双子が神話にあったのですね、知らなかったです。さっそくウィキで読んできました。酷い話ですね、なんか。

マナとアルマの状況、確かに似てますね。マナネアについての想像はもうキリがなくて楽しいです。

Re: リイさんへ。

今日は。 お返事、お待たせしていますが今日頂いた方はまた後で。

> 来月で24巻発売から1年経つので期待してたんですが、毎回の如く、落とされますね。うちきり だけは嫌だ。

もう去年の休載告知から大分経ちますので 先生の病気療養以外にも何か再開を遅らせる理由が発生しているのかも知れませんが、根拠のない憶測はできませんね。
こんな所で星野先生もDグレを中断したくはないでしょう… 頑張って待ち続けたいと思います。

> 話変わりますが、ある日、突発的に思いついた、マナがネアを殺したんじゃないかっていう妄想。伯爵のメモリーにたえられなくて、そのまま。

マナ(兄)の方がネア(弟)を、ですか? カストル&ポルックスならぬカイン&アベルになりそうですねw
私はそっちはあまり考えていませんでしたが 可能性としてはもちろんありますよね。

そうしますと、第215夜回想で壁際のネアが致命傷を負っていたのは マナに襲われた直後って事ですか。
少なくとも17巻第167夜のクロスの台詞「マナは“14番目”が死んだ日におかしくなった」とは矛盾しません。
そっちを採用するならば、マナは一旦伯爵メモリーに支配されながらまた元に返り、それでも執拗に追ってくる伯爵メモリーから 死ぬまで逃げ続けていたことになりますね…

一方それとは逆に 第218夜、ベッドでロードに抱えられたマナはネアが襲ったようにも見えます。
あそこで死んではいないでしょうが。
さらに第211夜のワイズリーの話に出た映像も、腕を血まみれにして泣き叫んでいるのはネアの方のようで…
本当にどうなっているんでしょうw 
ここに関しては、マナが自殺した疑いすらありそうで。

ノベル版3巻で中年男のマナの記憶が17歳の頃からすっぽり抜けていた原因など、セカンズのアルマが惨劇後に保存液の中で生かされ続けてその間も肉体は成長していた状況に近くない?…とも想像できます。
いや~本当に。キャンベル兄弟の過去話は無限の可能性があって面白いですね(笑)

妄想、大いに結構と思います。また何かありましたら、お願いしますね!

Re: yochichiさんへ。

こんばんは。こちらこそいつも有難うございます!

> 今月号もDグレの情報はありませんか…。いつ再開するのかなあ…。
結局 前例のない長期休載になりましたしね・・・
※『シロクロライン』掲載記事「Dグレって十年中どのくらい連載してたのかを表にしてみた」
http://iwanttoknow.blog27.fc2.com/blog-entry-963.html
公式から 去年3月の告知以降は、特に追加の説明が無いのでどうにも^^;

> コミックスの表紙を見て気づいたことがありました。
> それは1.22.23巻の表紙に出ている人達がある部分だけ消えてたんです…!
> あれって意味ありますかね?意味なかったら星野先生の手抜きでしょうか。


いや(笑)
星野先生が 御自身の作品のコミックスカバーで手抜きをするとか有り得ないでしょう…
このブログTOPの「考察概要」でも引用してますが、1巻の前案らしきイラストにはちゃんと足もあります。
なので個人的印象ですが、1巻で足元がぼかしてある事と謎掛けとはあまり関連が無いのでは?

最終的に今の姿に落ち着いた本当の理由は星野先生御本人に聞かないと分かりませんが、イメージ表現的なものかもとは思っています。

喪失感…?

アレン・ウォーカーという人格の根底に横たわる“痛み”を露わにしたあの台詞。
「大事なものは… 昔 失くした」(2巻第14夜)
この辺じゃないですかね。

それに近い感情は、2巻の アルマを失った過去を持つ神田も、22巻の 崩れていくゲートを見つめるリナリーも同様と思います。
23巻の六幻は関係ないかなww

余談ですが「足が無い」っていうと日本では幽霊?って連想になり勝ちですが、あれは江戸時代のとある浮世絵師の発案からだそうで。 西洋の幽霊には普通足はありますよ。

それより、私はどちらかというと5巻のカバー絵のロードの方が気になりますね。
これは上で挙げた表紙とは全く別物の匂いがしますよ。
足が途中からほどけて 方舟の童子によく似た人形の頭のリボンになっていますが、これこそ謎掛け絵の代表的なものじゃないかと思います。
でもまだハッキリ解答が出せませんけどね!←

色々脱線気味になりましたが こういうお話は面白いですね。
コメントありがとうございました。それではまた。

うー。残念です。来月で24巻発売から1年経つので期待してたんですが、毎回の如く、落とされますね。うちきり だけは嫌だ。

話変わりますが、ある日、突発的に思いついた、マナがネアを殺したんじゃないかっていう妄想。伯爵のメモリーにたえられなくて、そのまま。それが頭から離れない。本当にそうだとしたらとても悲しいですけど。妄想がたえない。

と、とにかく、来月こそは告知がありますように!

いつも乙です。
SQが、跡部?さんにジャックされたんですねぇ。
今月号もDグレの情報はありませんか…。いつ再開するのかなあ…。
話変わるんですけど、コミックスの表紙を見て気づいたことがありました。
それは1.22.23巻の表紙に出ている人達がある部分だけ消えてたんです…!
あれって意味ありますかね?意味なかったら星野先生の手抜きでしょうか。即出だったらすみません。
(23巻は六幻の先だけ消えてる 等)
Secre

最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ついったー
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
149位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
37位
アクセスランキングを見る>>
御賛同頂ければ☆

FC2Blog Ranking

『ブログ村』参加カテゴリ
『ブログ村』PV
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブログバナー(※ここのです)
月別アーカイブ
プロフィール

キャンピー

Author:キャンピー
Yahoo!ブログから移動して'12年10月25日オープン。
それ以前の日付記事は旧ブログからの訂正版です。

生年:不明。35年前には存ざ(ry
BD/Btype:8月某日(Leo)/AO型
身長:160cm
体重:標準(自称)
家族:5人。夫と子供3人(男・男・男)
好物:漫画はDグレでお腹一杯。

<他ツイフィールまで> http://twpf.jp/ripvansf
   

Dグレの応援お願いします。
漫画「D.Gray-man」は、2004年5月31日発売の『週刊少年ジャンプ27号(6月14日号)』で連載を開始し、2009年『少年ジャンプ22,23合併号』(第186夜)まで掲載。 以降2009年『赤マルジャンプ9月20日号」に第187夜掲載を経た後、第188夜からは同年11月発売の月刊『ジャンプSQ.2009年12月号』で連載再開。そこから2013年刊行の『SQ.2013年2月号』の第218夜までを掲載。 同年『SQ.4月号』誌上で編集部より「再開未定の一時休載」告知。 2年半の長期休載を経て、2015年7月17日発売の季刊誌『ジャンプSQ.CROWN(スクエアクラウン)』に場を移し連載が再開しました。 その後、掲載誌は2018年4月16日発売号より『SQ.RISE(スクエアライズ)』とタイトルを変えてリニューアル。現在も継続中です。 コミックスは2013年11月に24巻発売(第218夜まで収録)・2016年6月3日に25巻発売(第222夜まで)・2019年2月4日に26巻発売(第230夜まで)。      <星野桂先生のインスタグラムアカウント(@Katsura_5600)も現在元気に更新中>   
巡回先リンク
順不同です。更新状況その他都合で変更あり。
FC2カウンター
延べ来場者数
Dグレサイト検索エンジン
Dグレファンの個人運営サイトが多数紹介されています。検索に便利。ただし訪問先では各所のルールに従って管理人さんに失礼のないようにしましょう。 
「ディーグレイマン ナビ」 「ディーグレイマン サーチ」