FC2ブログ

再考。(1. エリアーデの見たアレ)

何かよく分からないので放置してた所とか、「あ、違ったかもしれない」と考え直した所とか 思いつく都度上げて行きます。


今回は第36夜。「孤城の吸血鬼⑥ --- 帰還 ---」

n36a.jpg(『D.Gray-man』4巻 P186-187)
          

n36b.jpg(『D.Gray-man』4巻 P188-189)


状況をざっと。

1. エリアーデ(Lev.2AKUMA)が 意識不明に陥ったアレンを襲おうとするが、突如発動した彼のイノセンスの反撃をくらい恐怖に固まる。

2. 潰されて以来機能を停止していたアレンの左目奥から “何か”が出てきてエリアーデを睨む。 

3. アレンの左目機能がここで復活。 エリアーデの中の囚われの魂を感知。

4. どこからともなく呼びかけの声。 ---- タダイマ アレン ----   ---- 闇ガ 戻ッテキタヨ… ----

5. 再びアレンの中に戻っていく“何か”。 と同時にアレンの意識が目を覚ます。 ---- 感覚が戻ってきた… ----

次頁 (6. 左目完全復活。 ---- また戻ってきた 白と黒の世界 ----
    
    (7. また他所からの声。 ---- オカエリ ----


1. の左腕発動は、アレンを守ろうとしたイノセンスの自主行動ですよね。
以下と同様、これも「AKUMAからの攻撃」を受けた時の反応っぽい。 
他の例: ①AKUMAマナを破壊 ②ゴウシの半AKUMA化した腕に叩きつけられ発動 ③AKUMA化したトクサに襲われ反撃


2. の“何か(=D字付き頭蓋骨)”の正体は、「“14番目”のノアメモリー」だと思います。
アレンの左目は“ある程度ノア侵蝕を抑える力”を持つ。(後にパリと北米で「左目封じ」の結界に閉じ込められて発覚)
この孤城の吸血鬼編でも、壊れた左目の復活前までは 結界内に置かれたと近い(ノアが出易い)状況と言える。
元々彼の脳内に巣食っていたものが 押さえ蓋が無くなったので容易に出て来れたってことでは?

メモリーの立場からすれば、宿主大ピンチでうごめき出したものの まだ体への侵蝕が不十分な段階だったので パリや北米の時のようにアレンの体を乗っ取って簡単に「オハヨウ」とは行かなかったんじゃないか。
で、素のまま現れたと。

頭蓋骨の右半分が大きく欠けているのが気になりますよね。
今現在 「“14番目”のノアメモリー」とは宿主が双子である状況に沿って分割された「千年伯爵メモリー」の片割れでは?と思っていますが、それではないでしょうか。
千年伯爵となっているマナの中にも アレンと逆の左側が欠けた頭蓋骨が入っているとか。
2人が合体して完全体になるとか。

あと「D」の文字の意味ですね。
「マナ=D=キャンベル」の「D」と多分同じなんでは・・・ いや 必ずそうという根拠もないですが(笑)
「千年伯爵」独りで世界の運命を左右する程の存在なら、それこそ“Dominus(主)”でも“Deus(神)”でもありじゃないか…
でもアダムは「第一使徒」なんですよねー(笑) 正直ここは分かりません。


3. 以降 アレンの左目が機能を回復し、Dの頭蓋骨(ノアメモリー)は引き込まれるように元の場所に戻って行きます。
アレンの意識に呼びかける声(カナ表記)の主は、このノアメモリーだと考えるのが自然でしょうね。
「タダイマ」は宿主・アレンの体へ帰還の挨拶。 「オカエリ」は同じ場所に戻ってきたアレンの意識に対してかな。

・・・引っ張り戻されたにしては余裕の態度ですが、時が満ちれば完全復活を果たせる自信のせいでしょうか。



闇からの声はさらに次の5巻第37夜に続きます。

8. 子供姿のアレンの背後から近づいてきて傍でピタリと止まる靴音。 マナの気配。

9. 振り向かず前を向いたまま アレンはエクソシストを続ける決意を伝える。

10. マナによく似た姿はいつの間にかDの頭蓋骨になっている。

11. ---- ならばより深く より黒白の世界へ堕ちてゆけ ----

例え夢でも マナとの再会場面がこれほど暗く重苦しいのは、アレンがずっと抱いてきた罪の意識の反映だと思います。
だから 彼の体はすくみ、振り返って 大好きだった父の顔を見ることすらかなわない。

ここに登場したマナは、アレンの心が作り出した幻影でしょう。

「堕ちてゆけ」…?  本物のマナが こんな呪いの言葉をアレンにかけるものですか。 
かつては弟のためにあれほど泣き、AKUMAにされてすら抵抗し続け 息子に「愛してるぞ」と言い遺した人が。

アレンに呪いがかけられているとしたら、そうさせたのは最後に正体を見せたあの「“14番目”のノアメモリー」でしょうね。 

ひとまずここは終わります。




関連記事

コメント

Re: 「教えてください」さんへ。

どうもお返事遅くなりまして。

> 先生がインスタに「妖の王」のイラストを載せていたのですが、この話はどうしたら読めますか?
> コミックとか、ありますか?


残念ですが、まだどこにも再録されてはいないんですよ。

掲載誌は一昨年、2013年の4月30日発売された青年誌『ミラクルジャンプNo.14』でした。
表紙はこんな感じで。主人公のかごめちゃんとハールーンのカラーイラスト、美しかったです。
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%9F%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97-No-14-2013%E5%B9%B4-10%E5%8F%B7-%E9%9B%91%E8%AA%8C/dp/B00CFQBTMK/ref=sr_1_22?ie=UTF8&qid=1425315372&sr=8-22&keywords=%E3%83%9F%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97

作品は20ページという短い読切ながら、良くまとまっていい作品だったと思います。

早くどこかで読めるといいですね。
関連記事は書いてますが(ストーリー紹介ではなく)、http://kuriparu44.blog.fc2.com/blog-category-8.html
登場人物の名前の話がほとんどだわこれ(笑)
ハールーンは著名な実在人物で、昔のアラブの王様です。

早くどこかで読めるといいですね。
今後何かに掲載される時はあらためて御紹介したいと思います。
それではまた。

妖の王について

すみません。
ブログ?の内容とは異なるのですが…
先生がインスタに「妖の王」のイラストを載せていたのですが、この話はどうしたら読めますか?
コミックとか、ありますか?
Secre

最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ついったー
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
166位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
40位
アクセスランキングを見る>>
御賛同頂ければ☆

FC2Blog Ranking

『ブログ村』参加カテゴリ
『ブログ村』PV
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブログバナー(※ここのです)
月別アーカイブ
プロフィール

キャンピー

Author:キャンピー
Yahoo!ブログから移動して'12年10月25日オープン。
それ以前の日付記事は旧ブログからの訂正版です。

生年:不明。35年前には存ざ(ry
BD/Btype:8月某日(Leo)/AO型
身長:160cm
体重:標準(自称)
家族:5人。夫と子供3人(男・男・男)
好物:漫画はDグレでお腹一杯。

<他ツイフィールまで> http://twpf.jp/ripvansf
   

Dグレの応援お願いします。
漫画「D.Gray-man」は、2004年5月31日発売の『週刊少年ジャンプ27号(6月14日号)』で連載を開始し、2009年『少年ジャンプ22,23合併号』(第186夜)まで掲載。 以降2009年『赤マルジャンプ9月20日号」に第187夜掲載を経た後、第188夜からは同年11月発売の月刊『ジャンプSQ.2009年12月号』で連載再開。そこから2013年刊行の『SQ.2013年2月号』の第218夜までを掲載。 同年『SQ.4月号』誌上で編集部より「再開未定の一時休載」告知。 2年半の長期休載を経て、2015年7月17日発売の季刊誌『ジャンプSQ.CROWN(スクエアクラウン)』に場を移し連載が再開しました。 その後、掲載誌は2018年4月16日発売号より『SQ.RISE(スクエアライズ)』とタイトルを変えてリニューアル。現在も継続中です。 コミックスは2013年11月に24巻発売(第218夜まで収録)・2016年6月3日に25巻発売(第222夜まで)・2019年2月4日に26巻発売(第230夜まで)。      <星野桂先生のインスタグラムアカウント(@Katsura_5600)も現在元気に更新中>   
巡回先リンク
順不同です。更新状況その他都合で変更あり。
FC2カウンター
延べ来場者数
Dグレサイト検索エンジン
Dグレファンの個人運営サイトが多数紹介されています。検索に便利。ただし訪問先では各所のルールに従って管理人さんに失礼のないようにしましょう。 
「ディーグレイマン ナビ」 「ディーグレイマン サーチ」