FC2ブログ

いつものように。(定例報告『ジャンプSQ.7月号』)


もうそろそろあってもいい頃では? な~んて 今月はいつもより甘めの期待を抱いておりましたが
特に状況は変わりませんでした。

今日発売の『ジャンプSQ.7月号』にも 
休載中D.Gray-man の再開告知はございません。





※ 今更ですが、これを忘れてましたので追記。 2015.6.10

次号『ジャンプSQ.8月号』は、7月4日(土)が発売日。 価格は「特別定価」590円です。



あと。 以前御報告した『SQ.19』(←こちらは2月で休刊)の後継誌=“7月刊行の新増刊誌”についてのお知らせもなかったです
…あれれ? もう来月なんだが大丈夫?(-_-;)

現在アニメが人気放映中の『血界戦線』の原作は、こっちに移籍するはずなんですが。
(『SQ.6月号』掲載の出張版最終コマあおり 「続きは7月発売の新増刊にて!!」

SQ.今月号には アニメと関連商品等の広告だけ。

もっとも「新増刊誌」の情報も、まともに報じられたのは「コミックナタリー」で2月に出たこの記事だけなんですよね。
⇒ 「ジャンプSQ.19が本日発売号で刊行終了、7月にスクエアの新増刊誌」
どうして集英社のHPに出ないのかな。 まだ誌名も分からないとはいやはや・・・ (2015 6/4 12:00 現在)

こちらも、何か新たな公式情報が出ましたら お知らせに上がります。




|Д`).oO(それよりなにより 早くDグレが再開できますようにー・・・)





関連記事

コメント

Re: しゃんさんと7/2 07:07の“匿名”さんへ。

一緒にまとめてのお返事で失礼します。

このたびは新増刊誌とDグレ再開の第一報をお寄せいただきありがとうございました。 

連載再開の悲願が実現して本当に良かったですよね…!

動き出す本編で これからも沢山の感動や謎解きに出会えると思うと感無量です。

どうぞこれからもよろしくお願いします!(*´ω`*)

ご存知かも知れませんがD.Gray-man季刊誌ジャンプSQcrownで連載再開みたいですね!
めちゃくちゃ楽しみです

7月17日のジャンプsq.crown(?)にてd.gray-manが!

初コメ失礼します!
7月17日にジャンプsq.crownと言うやつで
d.gray-manが表紙を彩るみたいです!
デマかもしれませんけど、本当だとDグレファンからしたら嬉しいことですよね!(デマでも話題になるだけで嬉しい(笑))
本当のことを信じたいものです…(笑)

Re: マロンさんへ。

またおいで下さって有難うございます こんにちは^^

> でも最近、先生がインスタグラムで活動されてること、続きを描かれていることを知り、とても嬉しく思っています(^^)

神田誕祝の続きも楽しみですが、連作のUPがゆっくりな理由に多忙を挙げられていたのでちょっと期待してしまいますねw


> 質問のことなのですが、この記事とは全く関係がなくて(^_^; ここに書いていいものかと思ったのですが、関連記事が見つけられないので、ここに書かせていただきますm(__)m

はいどうぞ 大丈夫です。
本来ならば何でも書き込める場所を用意するべきですが、以前のコメントフォームがどうにも使いづらく止めてしまいまして 御不便をおかけします。

検索も、PC閲覧なら最上部右に「ブログ内検索」の枠が出るはずなんですが スマホでは多分そうならないですよね(未確認) 
おおむね行き当たりばったりの記事やコメントばかりですので・・・探しづらくて済みません。
何でもお気軽に質問して頂くのが一番早いかも知れませんので、よろしくお願いします。

ちなみにロードをテーマに書いた記事は1件もなかったかも ← 
彼女については、どんな人物なのか何を考えているのかさっぱりイメージがまとまらず 未だ様子見ですね。

でも 本編では35年前にも同じ姿で存在していた彼女とクロス・マリアンの直接対峙がないまま終わったことや、それにしては『キャラグレ』口絵で やけに2人が親しそうな雰囲気であることなど、色々引っかかってはおります。
彼女の「家族は特別」といった台詞もあるので、キャンベル家の一員だった可能性は十分あるんですよね。


> 質問はロードのことなんですが、5巻43夜で、『Hola(スペイン語)』とティキに挨拶しているんです。
> ティキへの挨拶にスペイン語使ったっていうのも何かあるのかなぁーと少し思ってしまいました。


実はこの「オーラ」で 何かスペインに関連が?と聞かれたのは、旧ブログ時代も含め初めてではありません。 
(どこだったかな(ヲイ)← コメント欄で済ませてしまい、検索には出ないと思います)
あくまで個人の感想ですが、伏線的な意味はそう感じませんでした。
この台詞が出たのが、ちょうど彼女が学校の宿題をやっているシーンなんですよね。

現在 世界的に最も多く使われている言語は(特に人口の多い中国とインドを除きますと)英語、次がスペイン語です。
19世紀末とはいえ架空のDグレ世界も「英語が世界共通語になっている」という設定ですので、やはり似たようなものかと。 
なので日本ならば小学校の授業で英語を教わりだすのと似た状況で スペイン語の宿題が出ているんじゃないかと思いました。

ごっこ遊びのように人間生活を楽しんでいる彼女ですから ティッキー相手のこの挨拶、比較的冗談めかした印象でしたね。 


因みにティキ・ミックの国籍(『キャラグレ』では「民族」)は隣国ポルトガルでした。
マナやネア、ロードのように彼も「不明」で済ませてもいいところ、こちらはわざわざ書き込んだ理由があったと思っています。

19世紀末あたり、印象派画家が好んで描いた欧州の麦畑のある田園風景は 実際どこも似たような雰囲気ですが マナネアの故郷が「ポルトガル」だとしたら結構いい線なんではないかと・・・
この国はことにマリア信仰の盛んな土地柄ですのでね。あの「母さま」の印象と相まって格好の舞台にはなるでしょう。
https://www.visitportugal.com/ja/node/73847


最後になりましたが、ティキ関連の記事はこちらでしたね。 もう御覧になったやつかな… 
http://kuriparu44.blog.fc2.com/blog-entry-414.html

思いつくまま書いてるうえ暴走気味なので、分かりづらいかも知れません。ほんと説明が下手ですよね(´_`。)
御不明の点はまたお気軽にどうぞ!

あ、それと念のため。
私もこのブログでだけは好き勝手言い放題ですが(わざわざコメント頂くと更に熱が入っちゃう)、決して他の考察の可能性を否定するものではありません。
もう何度も来て頂いている方には分かって頂けているつもりでしたが 最近あまり自信がなくてですね^^;
(…ってこういうのはやっぱTOPに書くべきかしら)

今回はやたら「ポルトガル」推しになってしまいましたが 今後「スペイン」関連で何かあっても不思議はないですよ!

Dグレ画集の『Noche』というタイトルも スペイン語でしたからね。


それではこれで。 どうもありがとうございました!

こんばんは(^^ )突然ですが、少し気になったことが...

こんばんは(^^ )
かなり前から、時々ブログを読ませていただいています。かなり前にコメントさせていただいたことも..^^;

気づけばDグレが休載し始めてから2年以上経ってますね。なかなか長い期間です(^_^;

でも最近、先生がインスタグラムで活動されてること、続きを描かれていることを知り、とても嬉しく思っています(^^)


質問のことなのですが、この記事とは全く関係がなくて(^_^; ここに書いていいものかと思ったのですが、関連記事が見つけられないので、ここに書かせていただきますm(__)m

質問はロードのことなんですが、5巻43夜で、『Hola(スペイン語)』とティキに挨拶しているんです。
そこで、安易かもしれませんが、ロードや、ティキ、またロードと関係の深そうなネア・マナ兄弟あたりが、スペインに関わりがあるんじゃないかと....。

ティキとネアがそっくりな理由とか、関係は私にはまださっぱり^^;なのですが、ティキへの挨拶にスペイン語使ったっていうのも何かあるのかなぁーと少し思ってしまいました。

小さいことですし、スペインだったからどうということもないかもですが、少しだけ気になったので(^^ )

そういえば、キャンベル家が麦畑に囲まれてたり、ネア・マナ関連で麦はなにかと出てくるので、実はスペインの麦畑って有名だったりしないかなぁーと少しだけ調べてみました。

結果、スペインに麦畑はもちろんありますが、特別麦の生産で有名だとかいうことはありませんでした(^◇^;)
ただ、スペイン北部の、麦畑の間にまっすぐに伸びた道が巡礼路
になっているらしく、それが少し印象的でした。
18巻173夜でピエロの仮面を被ったアレンが後ろを振り返っている絵があるんですが、周りが麦畑に見えなくも.....(いや、これは雑草ですね笑 麦ではない笑

あとは、田舎の麦畑の雰囲気が、なんとなくキャンベル家の雰囲気に似ていたりしました。
意識してみるからそう見えるのかもしれないですが^^;


ティキやロードについての記事を探していたのですが、スマホで見ているからかうまく探せないので、今度パソコンでゆっくり拝見させていただきますね(^^ )

では、長々と失礼しました。
お休みなさい(´▽`)ノ
Secre

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ついったー
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
132位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
29位
アクセスランキングを見る>>
御賛同頂ければ☆

FC2Blog Ranking

『ブログ村』参加カテゴリ
『ブログ村』PV
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブログバナー(※ここのです)
月別アーカイブ
プロフィール

キャンピー

Author:キャンピー
Yahoo!ブログから移動して'12年10月25日オープン。
それ以前の日付記事は旧ブログからの訂正版です。

生年:不明。35年前には存ざ(ry
BD/Btype:8月某日(Leo)/AO型
身長:160cm
体重:標準(自称)
家族:5人。夫と子供3人(男・男・男)
好物:漫画はDグレでお腹一杯。

<他ツイフィールまで> http://twpf.jp/ripvansf
   

Dグレの応援お願いします。
漫画「D.Gray-man」は、2004年5月31日発売の『週刊少年ジャンプ27号(6月14日号)』で連載を開始し、2009年『少年ジャンプ22,23合併号』(第186夜)まで掲載。 以降2009年『赤マルジャンプ9月20日号」に第187夜掲載を経た後、第188夜からは同年11月発売の月刊『ジャンプSQ.2009年12月号』で連載再開。そこから2013年刊行の『SQ.2013年2月号』の第218夜までを掲載。 同年『SQ.4月号』誌上で編集部より「再開未定の一時休載」告知。 2年半の長期休載を経て、2015年7月17日発売の季刊誌『ジャンプSQ.CROWN(スクエアクラウン)』に場を移し連載が再開しました。 その後、掲載誌は2018年4月16日発売号より『SQ.RISE(スクエアライズ)』とタイトルを変えてリニューアル。現在も継続中です。 コミックスは2013年11月に24巻発売(第218夜まで収録)・2016年6月3日に25巻発売(第222夜まで)・2019年2月4日に26巻発売(第230夜まで)。      <星野桂先生のインスタグラムアカウント(@Katsura_5600)も現在元気に更新中>   
巡回先リンク
順不同です。更新状況その他都合で変更あり。
FC2カウンター
延べ来場者数
Dグレサイト検索エンジン
Dグレファンの個人運営サイトが多数紹介されています。検索に便利。ただし訪問先では各所のルールに従って管理人さんに失礼のないようにしましょう。 
「ディーグレイマン ナビ」 「ディーグレイマン サーチ」