「第220夜」扉絵に追記。

昨日の本誌記事でも扱った扉絵についてもう少し。

SQ.公式HPに「D.Gray-man担当日記」が第6回まで掲載されていますが、そこにスペシャル企画として星野先生の寄稿がありました。
先生もそろそろ出番のラビの事が気になって仕方ない御様子ですね(*^。^*)

もう一度この絵を眺めてみると、(顔のハッキリ分からないマナやブックマンは外しまして)上の方に描かれたキャラはリンク、ジョニー、アレン、ラビ。
3年前のジャンプフェスタ2013に出展されていた色紙に出ていたあの4人なんですよね。
「これ、“教団離脱組”ってことですか?」と言ってたメンバーです。
次はいよいよこの面子で話が動いていくのか…



ラビがどういう形でここに参加するのか楽しみですが、まだフィードラの寄生蟲を入れられた体ですしね…
ブックマンを人質に、ノアのスパイとしてアレン達の元に送り込まれる辛い展開になるのかも。
同じように蟲を入れられているチャオジーは そんな事も知らず自分のイノセンスのお披露目なんかしていましたし、「病原体」と言われていますが イノセンス発動への影響はないのが証明済みです。

でもそんな先の心配より 今号の「マナ」の話をしなければwww


それではまた~!!


関連記事

0 Comments

まだコメントはありません