FC2ブログ

D.Gray-man、新シリーズアニメ化が決定しました。

昨日のジャンプフェスタ2016のDグレステージ、開始直前まで出演者も内容もなにもかも伏せられていた理由はこれでした。

実際現場にいて出演者の会話やその時の状況を詳しく書いて下さった モロンさんと霄さんの記事がこちら。

⇒ 『The Parallel(モロンさん)』「ジャンプSQ.ステージレポ他」

⇒ 『はちろく(霄さん)』「ジャンプフェスタ2016、2日目」 

※ また1件報告記事がUPされましたのでリンク追加です。 るきとさんのレポ。コスプレイヤーさんの写真もv(12/24) 
⇒ 『Rukito-memomo-(るきとさん)』「ジャンプフェスタ」



「シークレットゲスト」とされていた出演メンバーは、集英社から担当「K」さんこと小菅さん・アニメプロデューサーの片桐さん・声優でアレン役の村瀬歩さん・同じくリンク役の立花慎之介さん だったそうです。



(司会)高橋さん 「ところで今回はセカンドシーズンでなく新シリーズなんですが、どういうD.Gray-manになるんですか?」
(プロデューサー)片桐さん 「主人公のアレンと、アレンと人気を二分している神田と、PVにも出てきたアルマ、この神田の過去を描くアルマ編をまず1つの大きな山として作っているところです。」
[『はちろく』「ジャンプフェスタ2016、2日目」('15.12.20)より引用]

そして午後2時丁度には、アニメ公式サイト と ツイッターアカウント も始動しました。

PVも素敵ですねぇ。 


今回はスタッフもキャストも一新、作画についても星野先生の熱心な監修の下 原作沿いにこだわったハイクォリティ―な作品になるとのこと。
今度アニメ化するなら… とこれまでファンが夢見てきたことがいよいよ現実化するのですから期待は膨らむ一方ですが、Dグレの連載を季刊誌に移したといえ やはり星野先生にとってはかなりなハードスケジュールになるのでしょうね。
どうかくれぐれも御自愛を、と願ってやみません。

星野先生のインスタグラムにもメッセージが寄せられています。 

「本日はDグレステージに来てくださりありがとうございました。
発表されました通り新シリーズのアニメ化が決まりました。
作り手が一新されるので、物語は続編ですが全く新しいDグレアニメになると思います。
どうか応援していただけると嬉しいです
🌼

担当K氏がDグレステージでこのインスタを紹介されたそうなのですが(笑)、こちらはあくまで私個人のゆるい私的アカウントですので、公式な告知などはほとんど発信しませんのでよろしくお願い致します。

公式の発信はSQジャンプまたはDグレアニメ公式サイトをご覧ください
🍡🍡🍡


新作アニメに関する開始時期その他の情報はこれから順次解禁になりますので、気になる方は(なりますよね!w)サイトのチェックをお忘れなく。

このアニメにつきましては 次号『ジャンプSQ.2月号』(1/4発売)や『SQ.CROWN』冬号(1/22発売)にも掲載されるほか、月刊誌『アニメディア』でも1月9日発売の2月号より毎月特集が組まれるそうです。

この間お伝えしたアニメ・ジャパン2016(グリーンステージ)のDグレ回も盛り上りそうですね! 
⇒ https://www.anime-japan.jp/ 
あちらの観覧は抽選制ですので必ず観られる保証はないですが、チケット販売はもう始まっています。
観覧申し込みをしたい方は期限を逃さないようお気をつけて。


これまでひっそり応援してきたD.Gray-manも とうとうメジャージャンルに復帰ですか(なかなかに感無量ですね)

今後 根っからスローペースの私が毎週投下される供給にどこまで付いて行けるかは問題ですが、なるたけ食らい付いていきたい所存です。

アニメ発表関連は一応ここまで。
何か忘れてましたらまた来ます~(・ω・)ノ

関連記事

コメント

Re: みかんさんへ。

私もこのブログ開始以来アニメは初体験ですので、いやでも妄想逞しくなりますねえ…
マジレスが鬱陶しいですが(苦笑)ゴメンナサイ。

新アニメがまずアルマ編をやるのは確かですが、そこで終わっちゃう訳には行きませんよね。 
そのために教団という拠り所を失った主人公が、再び自分の道を模索するスタート地点でもあります。

> アニオリ
私は 本編でも紙面の都合で端折られてしまった亜細亜第六研究所のエピソードがもっと見たいですね。
セカンズ計画に命を懸けていた研究者達にも それぞれの悩みや想いはあった筈なので。

> グッズとか買いたいですね
しばらくラインナップから外されていたカレンダーも来年は復活するかな
こっちも楽しみですね!

リプありがとうございました(*^-^*)

ということは一からやるんですかね?楽しみですね、それはそれで。
アニオリの話とかも結構好きでしたけどね……

そうですね、新キャストで楽しむしかないですね
グッズとか買いたいですね

Re: みかんさんへ。

こんばんは~どうもいらっしゃいませw

> 声優さんが変わってしまうのは少し残念ですが

キャスト変更を残念がる声も結構ありますね。
でも旧作終了から8年。
当時の声優さんも生身のお体ですから、あの時と同じ声を求めるのは厳しいかも知れません。

紹介したジャンフェスレポによれば あえて「新シリーズ」ということで、旧作の続きじゃないんですよね。
声優さんのオーディションには星野先生も参加されていたそうなので、イメージ的には問題ないはずです。
これはこれとして、新鮮な気持ちで楽しみたいですねv

ネアやマナも誰になるのかなー(笑)

コメントどうもありがとうございました! 

声優さんが変わってしまうのは少し残念ですが、青年になったアレンですから仕方ないですね
櫻井さん、鈴村さん、小林さんからどうなるのか楽しみです
立花さんは好きなので楽しみですけど

Re: yochichiさんへ。

こんにちは お懐かしいですね。
連載再開に次いでの朗報で 本当に良かったですよねー!!(=´Д`=)

しかしふと我に返って アルマ編を原作に忠実にやるとすると、教団の闇の部分だの凄惨な流血場面だのとかなりな鬱展開になるんですが 新規さんちゃんとついて来れるかしら… 今更ながら心配になってきました^^;

他にも「後から思えば」という伏線やほのめかす暗示が出まくりの章でしたのでねえ・・・
このアニメが初めての人に、ネタバレでがっかりさせないような話ができるかしら。

何にせよ頻繁に供給があってこそ。贅沢な悩みですね!
せいぜい楽しんでいきたいと思います^^

> 来年は受験生

そうなんですか。 週一のいい息抜きになるといいですね。
受験も頑張ってください。
それではまた!!

 お久しぶりです。
 Dグレアニメ化おめでとうございます!来年は受験生なのであまり見られるかどうか分かりませんが必ず見ようと思います。楽しみです。
Secre

最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ついったー
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
208位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
52位
アクセスランキングを見る>>
御賛同頂ければ☆

FC2Blog Ranking

『ブログ村』参加カテゴリ
『ブログ村』PV
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブログバナー(※ここのです)
月別アーカイブ
プロフィール

キャンピー

Author:キャンピー
Yahoo!ブログから移動して'12年10月25日オープン。
それ以前の日付記事は旧ブログからの訂正版です。

生年:不明。35年前には存ざ(ry
BD/Btype:8月某日(Leo)/AO型
身長:160cm
体重:標準(自称)
家族:5人。夫と子供3人(男・男・男)
好物:漫画はDグレでお腹一杯。

<他ツイフィールまで> http://twpf.jp/ripvansf
   

Dグレの応援お願いします。
漫画「D.Gray-man」は、2004年5月31日発売の『週刊少年ジャンプ27号(6月14日号)』で連載を開始し、2009年『少年ジャンプ22,23合併号』(第186夜)まで掲載。 以降2009年『赤マルジャンプ9月20日号」に第187夜掲載を経た後、第188夜からは同年11月発売の月刊『ジャンプSQ.2009年12月号』で連載再開。そこから2013年刊行の『SQ.2013年2月号』の第218夜までを掲載。 同年『SQ.4月号』誌上で編集部より「再開未定の一時休載」告知。 2年半の長期休載を経て、2015年7月17日発売の季刊誌『ジャンプSQ.CROWN(スクエアクラウン)』に場を移し連載が再開しました。 その後、掲載誌は2018年4月16日発売号より『SQ.RISE(スクエアライズ)』とタイトルを変えてリニューアル。現在も継続中です。 コミックスは2013年11月に24巻発売(第218夜まで収録)・2016年6月3日に25巻発売(第222夜まで)・2019年2月4日に26巻発売(第230夜まで)。      <星野桂先生のインスタグラムアカウント(@Katsura_5600)も現在元気に更新中>   
巡回先リンク
順不同です。更新状況その他都合で変更あり。
FC2カウンター
延べ来場者数
Dグレサイト検索エンジン
Dグレファンの個人運営サイトが多数紹介されています。検索に便利。ただし訪問先では各所のルールに従って管理人さんに失礼のないようにしましょう。 
「ディーグレイマン ナビ」 「ディーグレイマン サーチ」