「救い主」が生まれた日。

マナ……
オレが壊してしまった人。


(小説版「D.Gray-man」3巻「Lost Fragment of Snow」174頁より)



先日「集英社 JUMP j BOOKS」を扱った特集記事を読みましたが、あの D.Gray-man の小説版刊行に携わった方々にはどんな思いがあったかなども伺え面白かったです。


そんなこんなで、また小説版3巻のことを思い出していたんですが、
物語終盤・12月25日朝のシーンで マナと再会した「赤腕」少年の受けた衝撃、そこからの悲壮な決意は何度見ても辛いです。

劣悪環境とはいえ彼の唯一の居場所だったサーカスが消えてしまい、マナについて行く決心をした時 引き留めるものは何もなかったにしろ・・・
最大の恩人に取り返しのつかないことをしてしまったことへの深い後悔と、
その抱えきれないほど重い罪を、すべて背負って行こうとする勇気。
なかなかここまでできる人はいませんよね。

アレンはこれほどの体験を この7歳の時と 3年後の(マナをAKUMAにした)10歳の時と 同じ「マナ」をめぐり二度も味わっていたことになるわけで…  古傷をさらにえぐるような傷を。

初めの7歳の体験の時すでに彼はマナへの償いを --- オレの生きる意味 --- と言っていますが、二度目はそれを決定的にしたんでしょう。
アレンのエクソシストとして生きる決意は、最初から「マナ」抜きでは有りえなくて。

第185夜で マリがアレンの“共感されない戦い方”に心配していましたが、その時のアレンの
--- やめるにはマナを忘れなくちゃならない。 それはできないんだ --- 
という想いも当然だったんですね。



そんな様子のアレンを見て、マリはため息とともにあの台詞を吐きます。
「お前と神田が衝突する理由がわかった…  似た者同士だからだ」

視力を持たないこの人(マリ)は どこまで人の心を見透かせるのか・・・ 凄いですよね!
二人は彼が言うように、生きる理由(=償い)までそっくりだったんですから。

この時点での神田の「理由」は、アルマへの償いでした。 
「ユウ」としての自分には理解不能な(あの人に会いたい)衝動にかられ 彼を一人で逝かせてしまった罪への…
せめて過去の自分の想い人だったという「あの人」の素性を知るまでは、裏切ったアルマにあの世で顔向けできない。

その後も「似た者同士」の因果は続き、神田もまた(真実を知らぬまま) 再会したアルマ相手に罪を重ねようとします。
それを 我が身も立場も犠牲にして阻止したのがアレンでした。
そうすることで神田の分の罪まで負わされ、荒野に放たれるヤギよろしく ノアとして教団を追われるように離脱したアレン。


もちろん神田は帰ってきました。 
今度は償う相手をアレンに代えて… 共に救われた友達の分の想いも乗せて。

アレンは頑なに自分の道を突き進んでいきますが、その道すがらもこうして幾つもの人生を変えていく所が素敵ですよね♡

「情けは人の為ならず」とか年寄りじみたことを敢えて言いますが(笑) 実際そうなんだもんww
神田が戻って来なければ、マテールで抱き合う“二人きりの世界”で終わっていたところ さらに救いの輪が広がっていきます。

実際神田はこれまでも、アレンの大切な友達・ジョニーの命を 何度も助けてきていますし。
神田の“第二の人生”も、元帥として教団の闇を暴くところまで行くでしょう。
それこそアルマが最期まで無念を口にしていたことへの敵討ちであり、本当の意味で彼への償いになる筈ですから…




悲劇を扱っている筈なのに、読めば読むほど幸せに浸れる「D.Gray-man」が大好きです。
これからも宜しくね。



あと 続きが楽しみなのはもちろんですけど、飛ばして素敵なエピソードが削られてしまうのは一つでも惜しいですから…
星野先生、決して御無理はなさらないで。 のんびりとお待ちしておりますよ。

それではまた。


関連記事

0 Comments

まだコメントはありません