FC2ブログ

今月から電子版にしてみました 『ジャンプSQ.11月号』Dグレ関連。

以前話をした ジャンプBOOKストアの電子版『SQ.』定期購読を、今月から始めてみました。
支払方法がクレジットカードだけのようなのでどなたにもお勧めとはいきませんが大分割安になりますので有難いです。
3カ月単位の更新で1クール1,500円。
これで期間中の電子版『SQ.』3冊のほか、電子版『SQ.CROWN』も1冊無料で配信されるので クラウンまで手が回らないから単行本化をひたすら待っているというDグレファンには朗報では?
まあ私はクラウンに関しては雑誌版も必ず買いますし、スクエアだって気になる付録や懸賞があったら買ってしまいそうですが… 
年末には多分SQ.恒例連載陣色紙プレゼントもありますからねww 

電子版は何より 日付が変わると同時にすぐ読める所が大きなメリットですね。 あと保管に場所を食わないのも。
御興味があったら覗いてみて下さい。
ここから⇒ ジャンプBOOKストア!『ジャンプSQ.』定期購読 



さて。 今月号は大分収穫がありました。夜中に連投していましたがまずはこれ。      




         ↓
星野先生がジャンプフェスタでサイン会というと、2010年暮れの「ジャンプフェスタ2011」以来じゃないですかね。 7年ぶり。
ボードにサインペンでアレンと伯爵を一発描きされたり(アレンのペンタクルを描き間違えたりwww) 懐かしいな。
参加申し込み方法等 詳しい説明はまだありません。
これから徐々に情報解禁となりますので、気になる方は上のリンクのジャンプフェスタ2018公式サイトをまめにチェックしてください。




         ↓
Dグレの新作グッズがまだ出るという… これも嬉しいお話ですね。 この手のキャンペーンでいつも不在だった頃が嘘みたい。




         ↓
おまちかねのSQ.CROWN秋号情報♡ ページ数は分かんないけどとにかく続きが読めます!!よかった。
しかもカラーの扉絵が拝めそうとは♡(*´艸`*)

星野先生、ますますお忙しくなりそうですが、くれぐれもご自愛ください。
あと(だいぶ気が早いですが) 今年のサイン会に参加が叶った方、ぜひお話を聞かせて下さいね!

それではこれで。 
何かあったら追記します。



関連記事

コメント

Re: 月子さんへ。

こんにちは~!
> すでに、cv花江くんに
> なってから、雰囲気かわりましたよね?
> 成長を感じてます(๑´ω`๑)♡キュン


あ、ハログレでww
私がちょっと漏らしたのはそういう意味ではなかったんですが、花江さんラビは確かに イケメン感UPでしたね!
原作ラビも、クロスとアレンの師弟会見あたりからシリアスムードでしたので声的にはよく合っていたんじゃないでしょうか。
私はハログレのキャスト全員大好きです(*´▽`*)

> キャンピーさんにちょっとだけ
> 妄想を打ち明けられて良かったです(*≧∀≦*)

いえいえ。私なんかで良かったのかどうか(;´▽`A``

あ、ブログ教えて下さって有難うございました! ブログリンクに入れさせて頂きますね。PCから見れる時にどうぞv
それではまた。

すでに、cv花江くんに
なってから、雰囲気かわりましたよね?

いや、ファンブックみて安心しましたがねwww
(髪の毛を抜く、、



一応昔ピクシブに書いてたんですが
妄想を書くのがだんだんまとまらなくて
ライン友達に見せるぐらいです(汗


キャンピーさんにちょっとだけ
妄想を打ち明けられて良かったです(*≧∀≦*)


cv鈴村
から
cv花江くんになって
成長を感じてます(๑´ω`๑)♡キュン

Re: 月子さんへ。

今晩は^^

> ラビさん見れるかしら
> そろそろ過去明らかにならないかな

まだ“A.W編”が全然片ついていませんが、あまり容態の宜しくない「ブックマンさま」の話も出てきたので この辺で一度姿が拝めるかもしれませんよね。
再登場のラビがこれまでとはびっくりするほど雰囲気が違っていたら、面白い←かもね。

> こんな妄想してみました
> (*´﹃`*)楽しい

私は全く話を作る才能がないので、そういう楽しみ方ができる人が羨ましいですね!
せっかくなのでストーリーがまとまったら ブログかもしくはぷらいべったーみたいな場所に上げられてはどうでしょ?
記録にもなるのでお勧めですよ。

Re: 餓死しかけのファンさんへ。

どうも初めまして。
ペンネームに私も「驚き」ましたが大丈夫ですかー?(^^;
今月はようやく続きが読めそうで、一安心ですね!

> 情報が限られているので、難しいです。それが面白いんですが笑
ほんとそれ。読む人が好き好きに解釈できる余地が有難いですね。

> 生命の螺旋を食うと言っているのはどういうふうに考えていますか?
「生命の螺旋」
「生命」や「螺旋」というとまずDNAをかかえた染色体の二重螺旋を思い浮かべますよね。絵面も正にそれでしたし…
でも、あの場面で伯爵に「食われた」ファインダーが 人体だけでなく着ていた服や装身具まで消し去られていたのを見ると、どうも“生命体”に限った話ではなさそうですね。
実際話の中では「世に存在するすべてのものの根源」がそれであるという表現でした。
なのであまり個々の単語の意味に囚われない方がいいのかも知れません。

「力」と言ったり「エネルギー」と言ったりしてますが つまりは物質の存在を可能にしているエネルギー自体ではないですか?
この世界を構成する粒子の存在が 壊される時莫大なエネルギーに変換されることは事実ですし、まあその辺りを指しているのかなと。
それが螺旋の姿を取っているということにも意味がありそうですが、今は分かりません。

さらに(ここからが物語的飛躍ですが)Dグレ世界では人の魂が最も高エネルギーの塊らしく。

千年伯爵が人を食うシーンなんてあれが初めてでしたので、彼にとって常に必要不可欠な行為なのかどうかも分からないですが、特に人の魂を狙っているということでしたから効率よく“エネルギーを取り込む”ための行動であることは間違いないでしょう。

生きた人間ではないですが AKUMAにしても伯爵の魂でできたボディに死者の魂が内蔵されていますので「共食い」でエネルギーの圧縮が起きていくことは想像できます。
結果的には 千年伯爵の魂の中に世界中のAKUMAが吸収したエネルギーがどんどん注ぎ込まれていくことになりますかね。
その先は本当に分からないです。

> それと、アレンが危険であるとマリアンが言っていたのはどう考えていますか?
この話をさせると長くなりますよww そのおつもりで。
結論を言っちゃいますと、クロス・マリアンとネアは 彼らを利用目的で狙ったイノセンス側にまんまと騙されていた、ということかと。

彼らにとって人間たちは ノアに対抗するための道具に過ぎないと言っても過言ではないと思います。7000年の戦いを続けるイノセンスとノアに対し、伯爵来襲のお告げを受けて作られた黒の教団はたかだか100年の歴史しかないですから。
まあその時点(「お告げ」)でイノセンスに操られていたのでしょうが、格が違いますよね。
アポクリフォスなどわざわざ正体を隠して組織の枢機卿集団に紛れていますが、その方が何かと都合がいいからでしょう。

初めてアレンの元を訪れた時のアポは ハートの御方らが肉体のノア化が進むアレンを心配していると言い、彼のイノセンスが思わぬ成長を遂げていたことには御満悦でした。まさに“計画通り”といった感じで。

ノアの一族に逆らい離脱した「14番目」の取り込みと「千年伯爵」の弱体化、その為にイノセンス側が仕掛けた作戦が、「14番目(ネア)」をイノセンス適合者の体で蘇らせる計画だったと思います。コードネームは彼らの決めた「アレン」。
例え14番目がアレンの中で眠ったままでも“奏者の資格”は貴重な戦力になりますので。

そしてその計画実行のためにあえてネアを味方から引き離し、窮地に陥らせるくらいのことはしていそうですね。
ネアが瀕死のシーンには、あの「友」以外クロスもティムもいないのが気になって。
クロスがネアと約束したと言っていたのも、ネアから直接ではなく間にイノセンス(おそらくアポ)を挟んだ又聞きだったと思います。
会見時に自分が「外野」とかボソッと言ってましたね。でも当時アポを味方と思っていたのでその存在を隠してアレンに説明していたんではと…中央庁にも聞かれている会話ですから。

なぜネアの移転先が適合者の肉体なのかという疑問は、ネアの持つノアメモリーが伯爵由来のダークマターだからということに尽きると思います。アルマへの卵核移植の話でも説明されていた、細胞の「壊死」を防ぐため。

しかしいきなりその提案を受けて渋るネアに、イノセンスでノアメモリーを損ったりしないよう「護る」と説得しているのが あの「友」の「必ず!!」発言のシーンだったかと。

だから、不在の35年間の記録を見たネアから絶交されたあの「友」という人物も クロスにジャッジメントを突き付けていたアポクリフォスも 彼らをすっかり頼れる味方であると信用させ騙していた、というのが私の想像です。

答は、クロスがアポらの話を信用しきって危険な「アレン」計画に乗ったのが間違いだった、ということで。

クロス襲撃シーンでは大切なイノセンス(断罪者)をあっさり取り上げられていますが、これも元々復活したネア(アレン)が独り立ちできるようになるまで見守らせる目的で イノセンス側が与えたものだからではなかったかと思います。
襲われたのは、もう彼の役目は済んで邪魔になったと判断されたせいでしょう。

ちょっと脇に逸れますが、第222夜の夢の中のクロスはロードが化けた幻だという解釈です。⇒第222夜③ http://kuriparu44.blog.fc2.com/blog-entry-636.html 

麦畑でアレンにあれだけ話しかけていたのに、それが済んだらちゃっかりネアの心配なんて妙だと思いましたし、あの部分は切り離して考えた方が、襲撃場面から台詞がちゃんと意味を持って繋がるんですよね。
「もっと早く間違いに気づくべきだったよ(第203夜)」
「ああ… 間違いだった… もっと早く… この間違いに気づいていれば…」「ネア… 気をつけろ オレたちは… 奴らに利用されている」「“アレン”は危険だ 危険なんだ… (第222夜)」

彼の時間はあの襲撃時から止まったままです。おそらくは。


・・・・と調子に乗ってだいぶ暴走しましたが大丈夫だったでしょうか。

コメントをどうもありがとうございました。
また何かあればよろしくお願いします!

実はこのブログ、PC推奨なんですよね~スマホでは長文も辛いですし。なかなかそうはいかない方が多いと思いますが。
WEB版では右上端に、ブログ内の検索窓があります。
気になることがあったら記事探しに使ってみて下さい。

それではまたv

810円(*´`)♡

ラビさん見れるかしら
そろそろ過去明らかにならないかな

こんな妄想してみました
ブックマン一族を代々見守ってきた
リズと言う女の子

もちろんラビとブックマンも
見守っています

ラビにとって大事な人であり
お姉さんがわりにも

(*´﹃`*)楽しい

驚き

今日初めてブログを見ました。すごい面白い考察をしてるので驚きました。
僕も考えてはいるんですが、情報が限られているので、難しいです。それが面白いんですが笑
昔のアレン(ネアと話していた)が、生命の螺旋を食うと言っているのはどういうふうに考えていますか?
それと、アレンが危険であるとマリアンが言っていたのはどう考えていますか?
あまりまともには考えることができておらず申し訳ないです。。
Secre

最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ついったー
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
147位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
37位
アクセスランキングを見る>>
御賛同頂ければ☆

FC2Blog Ranking

『ブログ村』参加カテゴリ
『ブログ村』PV
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブログバナー(※ここのです)
月別アーカイブ
プロフィール

キャンピー

Author:キャンピー
Yahoo!ブログから移動して'12年10月25日オープン。
それ以前の日付記事は旧ブログからの訂正版です。

生年:不明。35年前には存ざ(ry
BD/Btype:8月某日(Leo)/AO型
身長:160cm
体重:標準(自称)
家族:5人。夫と子供3人(男・男・男)
好物:漫画はDグレでお腹一杯。

<他ツイフィールまで> http://twpf.jp/ripvansf
   

Dグレの応援お願いします。
漫画「D.Gray-man」は、2004年5月31日発売の『週刊少年ジャンプ27号(6月14日号)』で連載を開始し、2009年『少年ジャンプ22,23合併号』(第186夜)まで掲載。 以降2009年『赤マルジャンプ9月20日号」に第187夜掲載を経た後、第188夜からは同年11月発売の月刊『ジャンプSQ.2009年12月号』で連載再開。そこから2013年刊行の『SQ.2013年2月号』の第218夜までを掲載。 同年『SQ.4月号』誌上で編集部より「再開未定の一時休載」告知。 2年半の長期休載を経て、2015年7月17日発売の季刊誌『ジャンプSQ.CROWN(スクエアクラウン)』に場を移し連載が再開しました。 その後、掲載誌は2018年4月16日発売号より『SQ.RISE(スクエアライズ)』とタイトルを変えてリニューアル。現在も継続中です。 コミックスは2013年11月に24巻発売(第218夜まで収録)・2016年6月3日に25巻発売(第222夜まで)・2019年2月4日に26巻発売(第230夜まで)。      <星野桂先生のインスタグラムアカウント(@Katsura_5600)も現在元気に更新中>   
巡回先リンク
順不同です。更新状況その他都合で変更あり。
FC2カウンター
延べ来場者数
Dグレサイト検索エンジン
Dグレファンの個人運営サイトが多数紹介されています。検索に便利。ただし訪問先では各所のルールに従って管理人さんに失礼のないようにしましょう。 
「ディーグレイマン ナビ」 「ディーグレイマン サーチ」