第226夜「A.Wをたずねて・Liveman + Deadman」③

『SQ.CROWN』秋号、まだ発売日から10日しか経ってないんですけどね~もう大分前のことのような気がします(^^; 

これからも、何かあるたび関連記事はポツリポツリ上げていくと思いますが、もしよければコメント欄に気軽にお話しに来て下さいね。 FC2ブログは、拍手もコメントもID不要ですので。



アート・オブ・神田の思いがけない戦闘力に驚くまもなく お次は幌馬車が地面から植物のように“生えて”くるわで、展開の面白さに加え 星野先生の画力にも圧倒され続けでした。 

なので、この場面に投入された馬車もまたタロット的な演出だったろうかと かなり後になってから思いついた次第。 

『7: 戦車』 のカード。

Jean_Dodal_Tarot_trump_07_ウィキ戦車(タロット)mini
(今回はマルセイユ版の方が「馬車」らしい図柄になりますね。 画像はウィキペディアの「戦車(タロット)」から。PD=パブリックドメイン)

大意は、「勝利」 「援軍」 「悪循環からの脱却」 など。 
今のアレンには ありがた過ぎるお告げですね。
こんなイメージも手伝って、きっとティエドール元帥は頼れる味方だと思うのよ(笑)

カードの図柄についてもっといえば、中央の人物の左右の肩章に それぞれ対照的な顔のレリーフが付いてるんですが、向かって右は笑顔、左は不機嫌そうな仏頂面なんですね。 
相対する力のバランスをとりつつ前進する意味合いらしいですが。

そしてDグレ第226夜では、馬車の御者台で ティエドールと神田が腰かけていた位置を思い出してついニヤニヤww 
そこまで意識されていたかどうか分かりませんが、あったとしたら芸の細かいことですね。



最後のコマの唐草模様の風呂敷は 神田がジョニーに代わってずっと持ち運んでやっていたものでしたね。
馬車が立ち上がるシーンの中には アレンのトランクも見えます。
思えば あの義理堅い性格の神田が、預かっていた荷物を持主に返さずにここを立ち去ってしまう訳がなかったんですよね。

風呂敷包みの中身はやはり気になるアレンの“新団服”でしょうか。 ここまで引っ張ったんですから絶対大事な物のはず
そして、アレン達の方に向かって何か言いたげな神田のセリフがいよいよ楽しみです。(二度目)
次回で是非スッキリさせて下さいませ。 心残りの無いようにね



それではこれで。


関連記事

0 Comments

まだコメントはありません