『ジャンプSQ.2019年1月号』定例報告。

今回もDグレ新情報はありません。
掲載誌『SQ.RISE』の広告も、次号ではなく現在発売中の秋号のみ。

そんな中ですが注目情報1つ目は、いよいよ間近に迫ったジャンプフェスタ2019(12/22-23)ですね。
今年のSQ.ブースでも 来訪者には昨年に引き続き、本誌年末企画「連載陣色紙プレゼント」と同柄のアクリルキーホルタ゛ーの無料配布を行います。


140字のツイートでは書ききれなかったその他注意事項もありますので、ぜひジャンプフェスタの公式サイトで御確認下さいね。
参加25作品の絵柄も確認できます(画質悪いけど)。 
細かい所は 先月号のSQ.(雑誌版・電子版)をお持ちの方は、連載陣サイン色紙プレゼントのページで見た方がいいですね。

JFオリジナルグッズの情報も昨日の記事でお伝えした通り。 詳しくは公式サイトへ。


さて注目情報2つ目は、長期休載から復活&『SQ.』で連載開始の「ワールドトリガー」。今月号の表紙です。
(他にも注目作品は一杯あるぞと怒られそうですが、今回ばかりはお許しを)
同時発売の最新コミック9巻との連動プレゼント企画もあります(バッジセット)。 いつもながら紙媒体のみ対象ですが。

他にも現在企画が目白押しとなってますので、情報が気になる方はワールドトリガーTwitter公式アカウントまで。
専門サイトもあります。

あまりワートリの話ばかりしていると ここが何のブログか分からなくなりそうですが(笑) 元々作風が好みだったうえ長期休載やら移籍やらそれでも作品を愛してやまない熱烈なファン層やらとどこかで観たような風景が他人事とは思えなくてですね
ついにはアニメイト特典のコースター目当てで一月の間遠征を繰り返したり 今日なんかも早速19巻は買って読みましたよ。

その中の、葦原先生のSQ.移籍に至るまでの諸々を綴ったコラムはファン必見、というか お気に入りの作品がある人なら全員に読んでもらいたい内容でした。
葦原先生もやはり過労で身体を壊しておられたこと(執筆業において頸椎をやられることがどれほど恐ろしい事態を生むか良く分かりました)、
そのどうにもならない状況を踏まえ 残る選択肢から最善と思われる判断に踏み切ったこと
・・・色々身につまされることばかりです。

<「休載から復帰まで その②」より一部抜粋>

今後は週刊のときよりはペースは落ちますが、定期的に単行本を出せるようになると思います。
現在の首は、普通に生活できるぐらいには回復してるんですが、SQ.編集部から「ムリは厳禁」と言われているので、もし掲載のページが減っていたら、「今月は大事をとったんだな」と思ってもらえるとありがたいです。

あと、葦原は「ワールドトリガー」を拾ってくれたジャンプSQ.に報いたいと思っているので、お時間と月々600円強の余裕をお持ちの方は、ジャンプSQ.を購読していただけるとうれしいです。
もう購読してるぜ、という方は、これからもどうぞよろしくお願いします。

がんばります。

葦原 大介


葦原先生 これからもどうかお体を第一に。 続きを楽しみにしております!!!



次号の『ジャンプSQ.2019年2月号』は、原則通り1月4日の発売予定です。
それではまた。

関連記事

0 Comments

まだコメントはありません