リミックス5巻の表紙絵キャラはティキ・ミックに決定。

あさって金曜日発売のREMIX 『D.Gray-man 5』の書影が発表になりました。
10年前刊行された総集編3巻表紙絵だったティキ・ミックです。(2巻ロードとお揃い)



ファッションはティキもロードも 方舟編あたりとはだいぶ風変わりしたアルマ編(おそらくREMIX最終巻)以降のものですが、蓋し
“本編の新展開に乞う御期待!”という昔のファン宛メッセージでもあるのかな。
(ティキに限って言えばタキシード姿の方が好みでしたがwwどうでもいい個人の感想です←)


REMIX企画は一応8巻で終了します。
リナリーや神田の結晶化クライマックスの6巻&8巻は彼らに確定としまして、残る7巻の一枠がちょっと気になりますね。

これまで エクソシスト5名vs.ノア2名ってやや偏りすぎな気がしていて(まあ主人公は両方兼ねたような存在ですが)、できれば大御所(千年伯爵)にも登場願いたかったのですが 「7巻」というのはハンパすぎる配置なので、まあ無いでしょう(笑)

一番ありそうなのはやはりハワード・リンクだと思います。 イノセンスでもノアでもない第三勢力的立場ですしね!
カラー絵なら第213夜の扉絵あたりで来るかな♪ (足元に地球儀のやつ~)


ぐだぐだと余談ばかり長引きましたが、そろそろこのへんで…

そうそう。 ひとつ前の記事に、 明日のフレグランスについて公式ツイートを2件追記しておきました。
現地まで御予定のある方は一応お目通しください。  どうぞお気をつけて。
それではまたv

 
関連記事

2 Comments

まだコメントはありません

キャンピー

Re: ドグレードさんへ。

> 第三勢力
もしもリンクが表紙に選ばれたとしても“それが理由”かどうかは不明のままでしょうがw 御賛同ありがとうございます。

彼はアレンやネアのピンチにも襲ってきたアポや伯爵に(拘束札で)対抗できた実力の持ち主ですし、癒闇蛇の能力まで備わって本当に得難いキャラに成長しましたよね。
とりわけ この世界に頼れるものが誰もいなくなってしまったネアの救いになってくれたらどんなにか心強いのに…と勝手な期待を寄せています。

ラビ、ひいてはブックマン一族に関しては、ほぼ何も分からないレベルの情報不足でいやはや(^^;
考えるのはもうちょっと材料が揃ってからになりそうです。

「記録」はもちろん彼らに何があっても引き継がれるものと思いますが…
私は基本、D.Gray-manは「拘束された魂が運命に抗う物語」と捉えているので 紆余曲折はあるでしょうが、ラビにも心のままに人生を全うして欲しいですね。お話がどう進むか楽しみにしています。

  • 2020/06/24 (Wed) 22:53
  • REPLY
キャンピー

ドクレード

確かに、リンクは、第三勢力と呼ぶに相応しい存在でしたね。

身体にイノセンスやダークマターを宿しているわけでは無いので、それに人格を弄られることがない。

そういった意味では、れっきとした正真正銘の第三勢力であるとも言えますね。


(ブックマンもどちらかと言えば第三勢力なのでしょうが、どうにもブックマンは戦争の結果がどうなろうと、ブックマンの存続自体が確定しているように見えるので……)

(仮に、シェリルがブックマンやラビを殺しても、ブックマンの記録や能力はノアメモリーみたいに別の人間に宿る気がしてなりません。ブックマンやラビの魂は冥界行きで、生き返ることは無いでしょうが)

  • 2020/06/24 (Wed) 19:38
  • REPLY