FC2ブログ

アレンフィギュアの予約が開始しました。



詳細はリンク先のANIPLEX+公式サイトにある通り。
また、取扱店舗は「ANIPLEX+」のほか 「あみあみ」でも同時発売します。
各店ごとの特典あり。

<アレン・ウォーカー 1/8 スケールフィギュア> 概要
(彩色済み完成品)
価格: 18,800円(税込)
予約注文受注期間: 7/27-11/11 (24:00まで) 
発売予定: 2019年6月
付属品: 台座、別顔パーツ(現在作成中)
特典: [ANIPLEX+] チャームセット(神ノ道化の仮面&ティムキャンピー)
     [あみあみ] アクリルスタンド(アレン)

先日SQ.公式からのツイートもあって続報を楽しみにしていましたが、この告知で見る限り想像以上の出来栄えですね!



今回特別ANIPLEX+のみ、今年12月発売予定になっている神田フィギュア(税込14,800円)の再受注が始まりました!
アニプラだけかと思いましたら、後にあみあみでも案内が追加されましたね。 受付は以下のリンクから。
〇 ANIPLEX+
〇 あみあみ

両店舗とも、こちらの〆切は8月26日まで。


さらに アレンフィギュア・神田フィギュアとも、明後日7/29(日)幕張メッセで開催される「ワンダーフェスティバル2018夏」への出展が決まっています。 
(今気付きましたが一枚目のアニプレックスさんのツイートで開催日付が「30日」となっているの、「29日」の間違いですね)
入場券等の詳細はリンク先へ。
台風の影響等なるべくないことを祈ります。 行かれる方はどうぞお気をつけて。

それではまた。



※ 追記 ('08.7.28)

先日フィギュアデザインにつき、「足元が何でサイコロ?」的な呟きを見ましたのでちょっと補足。

前回の神田フィギュアと今回のアレンは対を意識したという説明もありましたが、このイラスト(第106夜扉絵)を参考にされたのでしょう。 特に神田のポーズは、こちらを踏襲したものと思われ。

IMG_20180728_094805_15.jpg 
(引用画像は画集『Noche』P78-79より)


そしてアレンの肩に大剣を担ぐポーズは 気付いた方が多いと思いますが、こちらの第188夜扉絵から。

IMG_20180728_094630_15.jpg
(引用画像は画集『Noche』P60-61より)

神田の団服や六幻のステージが違うとか 元絵ではアレンがマントを発動していないし表情も変わっているなど デコマス完成に至るまで処々変更点はありますが、そこがアレンジの腕の見せ所でもあります。

個人的には 当時なかった歯をむいて笑う表情豊かなティムキャンピーも嬉しいし、何よりも ハログレ関連商品として企画されながらほぼ原作絵が使われていて、漫画「D.Gray-man」へのリスペクトをひしひし感じて胸いっぱいでした。


これだけ言いながら我家の事情的にお迎えはムリ(泣)なんですが、御無理でない方はぜひこの機会に…
申込締め切りが11/11「もやしの日」迄なのもポイント高い()ですね♡(*´▽`*)

ではでは(笑)



『ジャンプSQ.RISE 2018年SUMMER』号。

溜めていた告知記事をちまちま上げているうち 日を跨いでしまいました。
いよいよ『SQ.RISE 2018年夏号』が発売です! 以下 まずはDグレ関連情報から。

★ 付録

「クリアしおり」。 雑誌版のみの特典です。
透明素材にステンドグラス風のデザインが素敵ですね。
柄は4種で、
(1)昨年10月『SQ.CROWN』秋号のアレンの扉絵
(2)今年1月『SQ.CROWN』冬号の神田の扉絵
(3)4月『SQ.RISE』春号のクロス・マリアンの扉絵
(4)セーラーティム
最後のティムは、ジャンプ展の最後の寄せ書きと比べてみましたが完全に同じものではなかったですね。 にしても同ネタww
今回は扉絵といい ジャンプ展との絡みが気になって面白いです。


★ 「血界戦線 Back 2 Back」&「D.Gray-man」WTシャツプレゼント

という夏企画です。 2作品のうちのどちらかを、各300名ずつプレゼント。 サイズはワンサイズになります(着丈72cm/肩幅50cm/身幅54cm)。
応募方法は、ハガキに64頁の応募券が必要。
血界もDグレも甲乙つけ難い素敵デザインですので、存分に御検討くださいませ(笑)
ちなみに小菅担当氏からも、今号の付録やらプレゼント企画のご案内が。


そういえば応募券まで可愛かった件♡


Tシャツのリナリーは、11巻第102夜の扉絵からですね。
ですので、サブタイトルの「Bad game」が後ろの腰のあたりにプリントされています。
そこからティムの尻尾が伸びてるような図柄も楽しいこと。
これDグレを知らない人が見ても、正面にベリショの女の子が大胆にプリントされたデザインってなかなかお洒落だと思いますよ?

この調子で原作絵のグッズ企画をどんどん出して頂きたいな… WJ時代の素敵な扉絵がまだまだ沢山ありますしね。 

どうして原作グッズが出ないの?と嘆き合っていた頃に比べれば、最近になって続々登場してきた缶バッジ・ポストカード・スケジュール帳等、今でも十分夢みたいですけどね! (;´∀`)


★ アレンフィギュア情報 (P488)

1ページ広告が出ています。

価格はいまだ未定。
発売時期 2019年の予定。 (平成のうちに出ますかね…)
取り換え可能な顔面パーツが付属。
そこは神田フィギュアも同様ですが、あちらが「キリッとした表情&歯を食いしばって睨みつける表情」なのと比べ こちらは「穏やかな表情&笑顔」なのがいかにもアレンらしいですね。

これは思った以上に細やかな造りになりそうで期待大です。 星野先生の伝えたかったイメージが実現しますように!


★ 星野桂先生が審査員を担当回の「8月期RISE新人漫画賞」 (P788)

原稿提出〆切は8月4日です。
結果発表は、10月4日発売の『ジャンプSQ.11月号』で。


★ 次号予告

10月発売予定とだけ。
アオリ文は 「蘇るティムキャンピーとの記憶…  アレンに秘められし思いとは----!?」

ほか 特別読切として 「ふたりぼっち戦争」の肘原えるぼ先生の「HUNGER」が掲載されます。


★ 巻末コメント

「伊東屋のペンジャケットが楽しくて複数買いそうな自分と戦っている。落ち着け桂、腕は二本しかないんだぞ。」<星野>

…ペンジャケットって何?
検索したらこんなのが出てきました。 
ペンをわざわざ太くして使うわけですか??
私は細身の方が好きなのであまり良さが分かりませんが、そういえばペリカン万年筆のスーベレーンも星野先生は比較的太めのがお好きでしたっけ…  


次は第229夜本編です。 


アレンフィギュア続報。

本日発売の『SQ.RISE』にも1ページ広告が載っていましたが、それにつきツイッターのSQ.公式アカウントからも楽しみな経過報告を上げてくださったので こちらに貼っておきますね。





まだ予約販売開始がいつ頃になるか 具体的な情報は出ていませんが、星野先生も(画像は手だけですが)お元気そうで、担当の方と楽しそうに相談されている様子が目に浮かびますね。 
フィギュアの広告ではなかなかない 斜め横上からの映像も貴重です。
小菅さんありがとうございました!


おくればせながら『週刊少年ジャンプ・50周年記念号(33号)』のこと。

先週末は ジャンプ展vol.3内覧会などにかまけ、こちらでの告知がすっかり後回しになってしまいました。

連休の影響で発売日が4/14(土)に前倒しとなった『週刊少年ジャンプ』33号のことです。
まだコンビニや書店に残っていましたらぜひ御覧になって下さい。 特集企画やプレゼントに「D.Gray-man」も登場しています。

IMG_20180719_115050_152.jpg

この中の D.Gray-man関連だけピックアップしますと、

★ 表紙裏年表

年表上のキャラ集合絵のアレンさんは 二期団服にクラウンエッジを発動中。
表の中では「家庭教師ヒットマン REBORN!」天野明('04年26号~'12年50号)と、「ムヒョとロージーの魔法律相談事務所」西義之('04年53号~'08年14号)に挟まれた位置におります。
「D.Gray-man」 星野桂 ('04年27号~'09年22・23合併号)

この一行だけでは、よく知らない人に作品が2009年に終わったものと間違われそうで心配ですね(^^;
もちろん 『週刊少年ジャンプ』での連載がここまでという意味で、その後同年『増刊赤マルジャンプ』9/20号に第187夜「Party and Party」が掲載され、同年『月刊ジャンプSQ.』12月号の第188夜「聖戦ブラッド」からはSQ.に移籍という流れ。
関係ないですが私が初めて「D.Gray-man」を読んだのはWJ終了前の('09年21号)でした。 飛び付いた瞬間終わっちゃってね(笑)


★ 綴込み付録「歴代ジャンプ表紙ギャラリー」

スリム手帳サイズの16頁の冊子ですが、1960年代から2010年代まで各年代別に人気漫画が連載を開始した当時の表紙が載っています。
ここにあるだけでも高評価の証ですよね。 もちろん2004年27号開始の「D.Gray-man」もあります。


★ 歴代漫画家直筆サイン色紙プレゼント

これが一番の目玉になりますか。 
ちなみに68番「D.Gray-man」の星野桂先生色紙はこちら。 他の作家さんの分も含め図柄は公式ツイートで御確認下さい。
Dグレは3枚目になります。 どれも力が入ってますよねw


応募には、ハガキに貼った応募券(p34)が必要となります。 クイズの回答も必須ですのでお忘れなく。


★ 歴代漫画家コメント集 (p536-537)

D.Gray-man 星野桂 「祝50周年、最近かなり目が弱くなったので普段使い用のサングラスを買いたい」<桂>

これねぇ(・_・;)  まあ40歳前後で老眼になる人は多いし深刻になるほどのものでもないかも知れませんが、漫画家という職業にあって「目」は手よりも大事な所ですので 先生どうかくれぐれもお大事になさってください!


御報告は以上になります。
まだこれから買いに行かれる方も間に合いますように。



◎ 補足 (7/19)

今日は紀伊國屋書店さん(新宿)のこんなツイートがありました。



売れ行きがだいぶ好調だったのでしょうね。 発売日から5日も経っての再入荷ということは増刷された模様。
(雑誌で異例の増刷というと、あの『SQ.CROWN』創刊時もだったなー などと関係ない思い出にしんみりしてますが…(笑))
皆様、色紙プレゼントにどんどんふるって御応募下さいw


「週刊少年ジャンプ展 VOL.3」の読者内覧会に行ってきました。(3)

最後はざっくり。

IMG_20180714_101703s.jpgIMG_20180714_101802s.jpg
IMG_20180714_101903s.jpg 
IMG_20180714_102227s.jpg
(書き忘れていましたが、額装の下のこの黒いプレートが「描きおろしイラスト」の印になります。)

IMG_20180714_102412s.jpg
IMG_20180714_102438s.jpg
IMG_20180714_102612s.jpg

IMG_20180714_102954s.jpg
IMG_20180714_103217s.jpg

IMG_20180714_103239s.jpg IMG_20180714_103228s.jpg
IMG_20180714_103328s.jpg
IMG_20180714_103455s.jpg IMG_20180714_103655s.jpg

IMG_20180714_103727s.jpg IMG_20180714_103907s.jpg (ノートに触れると何か起きます)

IMG_20180714_104017s.jpg

IMG_20180714_104130s.jpg

IMG_20180714_104455s.jpg

IMG_20180714_104848s.jpg
IMG_20180714_104920s.jpg
IMG_20180714_105430s.jpg
IMG_20180714_105502s.jpg
IMG_20180714_105726s.jpg

IMG_20180714_110012s.jpg

IMG_20180714_102845s.jpg

IMG_20180714_102954s_20180715051755871.jpg

IMG_20180714_110124s.jpg IMG_20180714_114508s.jpg

IMG_20180714_110344s.jpg

IMG_20180714_113851s.jpg
IMG_20180714_114255s.jpg IMG_20180714_114250s.jpg
IMG_20180714_114154s.jpg

IMG_20180714_114824s.jpg

IMG_20180714_115022s.jpg  IMG_20180714_115230s.jpg

IMG_20180714_214553_10_201807150527296c8.jpg
展示場から物販コーナーに入る手前で、入場券提示で各人シールのプレゼントがあります(ブラインド式・Dグレは無し)。
連れと二人でブリーチとテニプリが当たりました。 あと、コースターはコラボカフェの注文メニューごとに必ず配布。
(コースター、実はお会計の後も出て来なくて言ってようやくもらえました。まだ店員さんが慣れてないみたいですね(^^;)

IMG_20180714_125844_10.jpg
リュークのリンゴのバーガーと約ネバソーダ。 どちらも文句なしに美味しかったです。
ただしハンバーガーは大きさの割にかさ高なのがちょっと食べにくくて要注意。


ジャンプ展の話に戻りますが、展示品を傷付けては大変なので長尺物などを携帯していると注意を受けます。
この日はうっかり長柄の日傘を持っていたので、列で待機中にそこから離れ傘ホルダーまで置きに行くことになりました。
なるべく不用品は持たずに軽装で…  といっても暑さが半端ではないですよね~💦 お気をつけて事故のないようにしましょう。

行き当たりばったりのまとまらない記事でしたが 週刊少年ジャンプ展vol.3 のレポはここまでに致します。
それではまた!(*´ω`)  


「週刊少年ジャンプ展 VOL.3」の読者内覧会に行ってきました。(2)

明日早朝から仕事なので 今晩どれだけ寝れるかヒヤヒヤしながら書いてますが、ジャンプ展でつくづくいい思いをさせて頂きましたので まだ元気ですよー!(笑)

では続きを。

IMG_20180714_111322_10.jpg 

(次はリナリー。 “あの”シーンでもう泣ける泣ける…)

IMG_20180714_111357_15.jpg
IMG_20180714_111418_15.jpg

そしてラビ。
IMG_20180714_111502_10.jpg

IMG_20180714_111628_15.jpgIMG_20180714_111634_15.jpg
IMG_20180714_111722_10.jpg (先生ぇぇ… )

ティキさんといえばここ。
(…ですが、せっかくの決め所で変な矢印が入っちゃってごめんなさい💧 額縁のガラスにちょうど非常灯の反射がwww)
IMG_20180714_111935_15.jpg

師弟。
IMG_20180714_111856_15.jpg
IMG_20180714_111900_15.jpg

IMG_20180714_111954_15.jpg
IMG_20180714_112012_15.jpg


IMG_20180714_113219_15.jpg
IMG_20180714_111804_15.jpg


展示はここまででした。 余りある眼福に注文を付けるのも恐れ多いですが、あの描き下ろしイラスト以外は SQへ.移籍以降の新しい絵がなくてちょっと肩透かし…
(個人的にはキャンベル絵をちょう楽しみにしておりました!!

ティモシーもサードもアルマもアポクリフォスも登場せず。 
やはり今回は Dグレが「週刊少年ジャンプ」で連載していた黄金期に焦点をあてたもののようです。

一緒に来ていた人達の様子を伺っていますと、このコーナーに食らいついて動かないような人があまりいなかったんですよね。
大体皆さん口々に「懐かしい」とか「この頃は見てたんだけど」とか・・
今の方が面白いよ!(語弊)  みんなもっと「SQ.RISE」に興味持ってー!! (´;ω;`)     
せいぜい応援頑張りますね。


気を取り直しまして。 Dグレ関連がまだありましたっけ。

IMG_20180714_115252_10.jpg 
(展示フロアの最後 物販所手前に、先生方の寄せ書きが♡ さて。)

IMG_20180714_115417_10.jpg  IMG_20180714_115427_10.jpg
IMG_20180714_115436_10.jpg   IMG_20180714_115453_10.jpg
IMG_20180714_115539_15.jpg いたわ(笑) 「ン」の字の端っこですね。
セーラーティムのネタも分かる人少ないだろうなあ(^▽^;) 


さて、その先の気になる物販コーナー
私は公式パンフレット(vol.1-vol.3)を各1冊購入、とあとvol.3は予約制になりますが 公式図録を1冊注文してきました。

他Dグレ関連で置いてあったのは、アレン柄Tシャツ(¥3,900)ポストカードブック(¥1,500)とスライドポーチ(¥900)くらいでしたかね… どれも公式サイトのグッズコーナーで見れますので御検討を。

その「ポストカードブック」ですが、この間予約開始した来年度のスケジュール帳(¥1,944)とちょっと図柄が被ってますね? 
まあ用途が違うので問題ないですか。
ちなみにこのスケジュール帳の方の予約は、今日の物販所ではやっていませんでした。

予約と言えばもう一つ。 人気の複製原画ですよね。
あれ、前期分(8/19まで)と後期分とで絵が変わるそうですよ。 高額商品だけに比較できるようもっと情報が欲しい…
まだ後期分の図柄は分かっていません。 

今日はまだ始まったばかりということもあって、どの商品も棚にたっぷり積んであって 先を争って買うような雰囲気はありませんでした。 御安心くださいね。


記事はあと一回、せっかくですので他作品の画像もいくつか載せようと思います。


「週刊少年ジャンプ展 VOL.3」の読者内覧会に行ってきました。(1)

会場は六本木ヒルズ・森タワー52F 会期は2018年7月17日から9月30日まで。
その前に 7月12日がプレスプレビュー、14日が読者内覧会、15-16両日が先行公開日になっています。
プレス向けの公開日も過ぎ コミックナタリーから詳細なレポート記事が上がっていますので、予習には最適ですね(笑)

私は今日の「読者内覧会」に参加しました。 星野先生の原稿が間近で見れる体験は初めてでしたので本当に嬉しかったです。
場内は一部(この日はショップエリアのみ)を除き、スマホやタブレットでの撮影は自由

※ 下線部分につき補足 (重要)
この“内覧会”では土曜開催にもかかわらず撮影が許可されていましたが、ジャンプ展の公式サイトの説明では星野先生のエリア等が青色(平日のみ撮影可能)に分類されています。
特に混雑が予想される日(土日祝および 8/13-17、9/25-28)を予定しておられる方は撮影を断られてしまうかも知れない点、御了承下さい。


容量の関係でとても全部は上げられませんが、多少なりとも雰囲気がお伝えできれば幸いです。(ちなみにほぼDグレ)

IMG_20180714_092749_15.jpg (森タワーエレベーター手前)

(展示会場入ってすぐ。 ページをめくるように人気タイトルが次々登場)
IMG_20180714_101303_15.jpg 

IMG_20180714_101520_15.jpg
(参加120作品揃い踏み。各コミックス1巻の表紙絵が並んでいます。もちろんD.Gray-manも)

IMG_20180714_110810_15.jpg (Dグレ特設コーナー入口の解説)

IMG_20180714_110709_15.jpg 
(これが見たかった!!! ヽ(;▽;)ノ “アレンとアレン”でしたw)
Opening以降の彼の成長ぶりが、感動的ですよね…    よしよし、ティムも成長したね(^^; 早く戻っておいで

IMG_20180714_110858_10.jpg IMG_20180714_111047_10.jpg

IMG_20180714_111002_15.jpg

IMG_20180714_111105_10.jpg

IMG_20180714_111123_15.jpg 
(世界に一枚きりのアナログ原稿ですよ 見てぇ♡(´∀`゚q))

IMG_20180714_111242_10.jpg
IMG_20180714_111157_15.jpg IMG_20180714_111656_10.jpg

まだしばらく続きます。
一旦ここまでv


『ジャンプSQ.RISE 2018 SUMMER』号のAmazon予約が始まりました。

SQ.RISEの発売日がいよいよあと10日に迫りましたね^^ 
「D.Gray-man」も、このところ休載もなく順調に続いていて何よりです。
(内容についてはこちらの記事を参照) 

4日前(『SQ.RISE』電子版)に続き本日(『SQ.RISE』雑誌版)も 予約受付のお知らせをTLに流しましたので、こちらにも貼っておきます。
注文される方はそれぞれのリンクまで。






今のところAmazonの受注受付が最速のためここを案内していますが、もちろん他に御贔屓の書店があればそちらでどうぞ!

そういう私も電子版はAmazonでなく「ジャンプBOOKストア!」で、『ジャンプSQ.』とセットの定期購読をしています。
掲載誌を応援するなら出版元から直接購入が一番良いのでは、という思いもありまして…

契約は3カ月1,500円単位で、月刊『SQ.』3カ月分に季刊『SQ.RISE』が1冊サービスという形で届きます。
読みたいのはDグレ掲載誌の『SQ.RISE』だけで、『SQ.』本誌は要らない方にはあまり役に立たない情報ですが。 
興味がある方は サイトの説明をよく読まれて御検討ください。 
『SQ.RISE』の発売日を毎度チェックして発注をかけなくても、当日になれば確実に配信されるのは楽なんですよね~v
ただ問題は、もしも事前にDグレ休載と分かっていても その号だけ取らないというわけにはいかないところ…ですかww


● 以下も参考までに。

電子版メリット
・ 雑誌版より安い(電子\600 vs. 雑誌\720)
・ 発売日には在宅のまま 深夜12時以降最速で読める
・ スマホ・PCが使える状況なら 場所を問わず読める
・ 保存に場所を食わない、 処分の手間もかからない
・ 画面の部分的拡大も可能

電子版デメリット
・ 雑誌版に比べ画面サイズが小さく 読み進める際の迫力に欠ける
・ 雑誌版に載る内容全てが電子版に掲載されるわけではない
・ 雑誌版特典の付録が手に入らない(綴込みの小冊子、しおり、シール、ポスター等)
・ アンケートの応募ハガキが出せない(図書カード等のプレゼントも無し)
・ 応募券の貼付必須の各企画に申し込めない



御事情に合わせ、どうぞ無理せず末永く Dグレの応援をよろしくお願いいたします!m(__)m


「RISE新人漫画賞8月期」も、ふるって御応募ください。

雑誌のリニューアル(『SQ.CROWN』→『SQ.RISE』)と共に 新人漫画賞のタイトルも「CROWN」から「RISE」に改名されていましたが、その初回の結果発表がSQ.公式サイトで見れなかった件(『SQ.6月号定例報告』参照)、昨日の時点でようやく解決したようです。

3月期を御担当の審査員:加藤和恵先生からの総評・アドバイス、まだ見ていない方はぜひ読んでみて下さいね。

そして 星野桂先生の回(8月期)もいよいよ募集中です。 応募〆切は8月4日まで。お見逃しなく。




『ジャンプSQ. 2018年8月号』定例報告。(電子版より)

● 今月号のDグレ関連ですが、次号『SQ.RISE』予告ページから。

『SQ.RISE 2018 SUMMER』号の発売日は、7月19日(木)と特に変更は無し。
表紙は血界戦線 Back 2 Backです。

特別付録として、
・ D.Gray-manクリアしおり
・ 『SQ.』から出張番外編と特集記事を掲載の「憂国のモリアーティ」、描きおろしポスター
・ 同じく番外編掲載の「怪物事変」、描きおろしポスター

さらに読者プレゼント企画として、
「血界戦線 Back 2 Back」&「D.Gray-man」特製Tシャツ

とあるんですが何ですかねこれ…  両キャラが一緒にプリントされてるってこと?(雑誌『SQ.RISE』の宣伝としてはアリかもww)
画像がないので何とも言えませんが、この書き方ではJCSで新発売になっている談話室柄のTシャツとは別物のようです。
SQ.RISE誌上での本告知を楽しみに💛

今回も「クリアしおり」の付録はもちろん読者プレゼントの方も電子版購入者は対象外と思われますので ぜひ雑誌版を!
Dグレアピールのためにも、綴込みのアンケート葉書はどんどん出して下さいね。
図書カードの次の絵柄も楽しみです。

そうそう。 忘れてましたが この告知ページの「D.Gray-man」アオリ文
「蘇る相棒(ティム)との思い出… 運命の狭間で揺れるアレンの決断とは--- !?」

第229夜も泣かされそうですねぇ…(;´∀`)  
ところで「アレンの決断」てなんじゃろ アレン・ネア会談?ヽ(@´з`@)ノ (← 発売日が待ちきれないただの妄言ですお気になさらず)


● その他。

『ジャンプSQ. MASTER BIBLE(マスターバイブル)』 --- ジャンプSQ.流マンガの描き方秘伝の書 --- について。

これは書店では手に入りません。
ジャンプSQ.RISE新人賞に初応募した人へのプレゼントとのこと。
もちろん星野桂先生の名前もありますよ。 要約の一言には「やりたい表現を描いていくことが1番」(原文ママ)だそうで。

内容説明では、
「マンガテクニックをSQ.連載陣自らが解説!」 「門外不出の下描きやネームを収録」 「編集部からのワンポイントアドバイスも」等々
漫画を描かない人でも読みたいですよね~これ(^^; 残念。

ということで(笑)  8/4〆切の「8月期RISE新人漫画賞」の審査員は、予定通り星野桂先生です。
描ける方、迷わず御応募を!!



ほか。今月電子版特典の「血界戦線」再録作品は、「Zの一番長い日(前編)」でした。



次号の『SQ.9月号』は 8月4日(土)発売です  以上。

それではまた。

次号『SQ.RISE 2018 SUMMER』の発売日は7月19日(木)と表示されています。

公式新刊情報「S-MANGA」より。

『SQ.RISE 2018 SUMMER』の発売日が、7月19日(木)に決定したようです。
⇒ 新刊情報・2018年7月・雑誌の部
(ここ数年雑誌の発売日は覆ったことがないので ほぼ信用できると思いますv)

通常ペースなら発売月に入らないと告知はないか…とあきらめていたので、これは嬉しい。夏の予定が立てやすくなりました。

ただ  発売“曜日”に関しては、『SQ.CROWN』の頃の金曜日や 前号『SQ.RISE』の月曜日でもなくて意外でしたね。
個人的には16日(月)が海の日なんで翌17日(火)あたりかしらと思っていて。  やっぱり予想は難しいです(笑)

(…あと一つ希望! 一覧表アイコンが『SQ.CROWN』のままになってるのはぜひ直して頂きたい~💦)


さあ 33日後をお楽しみに!  頑張って待ちますよ~~♡  
ではでは。(*^-^*)

『ジャンプSQ.2018年7月号』定例報告。(電子版より)

今朝 先にツイッターでは流しておりましたが、今月号の内容は以下の通り。



まだ『SQ.RISE 2018 SUMMER』号の告知には早いですね。(;´∀`)
やっぱり7月に入ってからかなー 

公式筋の情報で一番早いのは大体「S-MANGA」サイトですので、発売日が気になる方は時々覗きに行ってみて下さいね。

※ 訂正(9/18): 先日久しぶりにサイトを訪問しましたら、発売予告表から「雑誌」は無くなってしまっていました。
代わりにコミックスが紙版かデジタル版かを選択できるようになっていましたが、仕様のマイナーチェンジにあたりうっかり雑誌を飛ばしてしまったのかもうこのままでいくのか… 一日でも早く「SQ.RISE」の発売日が知りたい側としてはちょっと不便になりましたね。

あと、アニメイト開催巡回展示(@渋谷店)が今日から始まっております。
早くも観に行かれた方のお話では、星野桂先生のD.Gray-man複製原画は3点だったそうで。
・ 六幻の結晶化シーン(第208夜)
・ ハワード・リンクの縛羽が千年伯爵を取り囲むところ(第221夜)
・ 麦畑のアレン(子供姿)の決意表明シーン(第222夜) 

「私物の展示」については、星野桂先生の物があったというお話は聞いていません。
上記複製原画が展示してあるのは間違いありませんので、近くにお立ち寄りの際はぜひ御覧になって下さい。 
会期は今月いっぱいまでv


あと、今月号SQ.から 和月先生の「るろうに剣心 北海道編」が連載再開です。


電子版特典の再掲「血界戦線」は、ネジ登場回の「Don't forget to  don't forget me」。


次号のSQ.発売日はカレンダー通り 7月4日(水)になります。


『ジャンプSQ.6月号』定例報告。(電子版)

GWの影響の前倒しで本日2日発売です。 例によって電子版のみの御報告。

「D.Gray-man」関連に限れば今回も特筆すべき新情報はありませんでした。

先月の発売から、『SQ.CROWN』あらため『SQ.RISE』となった「D.Gray-man」掲載誌。 
今月号の『SQ.』も 現在発売中の『SQ.RISE SPRING』号の一ページ広告が載っています。
RISE SUMMER号の告知などはまだありません。 
(発売日など含めた具体的な告知は、また発売予定の7月に入ってからになりそうですね。)

そしてやはり 「CROWN」から「RISE」に名称が変わった新人漫画賞。
初回・3月期(担当審査員「青の祓魔師」の加藤和恵先生)の結果発表が雑誌版の今月号SQ.には掲載されているはずですが、電子版には載りません。
ただその代わり SQ.公式サイトから自由に閲覧が可能ですので、「漫画賞ニュース」の項目からお入りください。
(※ ただし5/2 13:00 現在、調整中の為か見ることができなくなっています。もう暫くお待ちを)

その他。
・ 電子版特典の「血界戦線」再掲、今月号は「Cherchez l'idol (シェルシェ・リドール)」。 K・Kママ大奮闘回。
中身は「アイドルを探せ」より シュワちゃんの「ジングル・オール・ザ・ウェイ」風ですが、こういうノリ、大好きです♡(*^_^*)


次号『ジャンプSQ.7月号』予告。
・ 暫く前から公式HPで告知もされています通り、来月号から「るろうに剣心」北海道編が再開します!
・ 発売日は6月4日(月)。 表紙と巻頭カラーは同日コミックス15巻が発売になる「双星の陰陽師」。
売価 雑誌版は590円(税込)、電子版は500円(税込)


とりあえず以上になります。
それではまた。

『ジャンプSQ.RISE 2018SPRING』号の書影が公開されました。

『SQ.CROWN』からリニューアルの『SQ.RISE』が、いよいよ発売日からあと5日です。
もうその表紙絵も公開されていますが、公式がツイッター等でなかなか宣伝してくれないので(4/11 10:00現在)、ここにもリンク付きツイートを張っておきますね。

あと、Amazonで電子版RISEも予約受付中です(他の書店でも扱うようになると思いますが未確認です)。
本誌が手に入れにくい地域には朗報ですし、そうでなくても日付変更とほぼ同時に読めるメリットは大きいので よろしければ。



あらためて 新増刊の表紙のことですが。 
てっきり巻頭の『血界戦線』がメインで 他はアイコン程度の扱いかな~位に思っていたのにまたこんなに大きくアレンさんが///
描き下ろし絵の美麗なことは言うに及ばず、変な所に感動してしまいました(^^;

何か新しい動きがあるたび 期待より不安な憶測の方が流れるDグレですが、それを払拭するような 素敵で堂々としたイラストを眺めていると、「大丈夫だから安心して」と言ってもらっている気分ですね(*´艸`*)♡ (← いつもの病気)

これからも連載楽しみにしています!

『ジャンプSQ.5月号』電子版 定例報告。(『SQ.RISE』予告ほか)

さっそくですが参ります。 『ジャンプSQ.RISE SPRING』予告ページより

アオリその一
「常識を超えた新漫画時代の幕が上がる!!」

アオリその二
新増刊『ジャンプSQ.RISE』4月16日発売!!
「未来を担う新人読切と荘厳華麗な連載作品!!」
   いいねいいね♪(#^.^#)


・・・ということで。 模様替えこそあれ、『CROWN』同様 新人作家のデビュー誌という立場は継続です。
つまり、内容的な変化はほぼ無いといっていいでしょう。 
新誌名発表より前 新人漫画賞のタイトルが「クラウン」から「RISE」になることも決定済みでしたから 移行も予定通りだったかと。

今回掲載の新人読切作品も10本以上!だそうです。 お楽しみに。


表紙:
巻頭カラー「血界戦線 Back2Back」/センターカラー「D.Gray-man」/「双星の陰陽師
(化野紅緒編)
以上3作品が表紙に並ぶらしく、どういったレイアウトになるのか… 
Dグレもなるべく大きくお願いしますね(笑)

本命のD.Gray-man、今月は何ページ読めるか分かりませんが、センターカラーということで扉絵も期待デスv

他には
センターカラー「冒険王ビィト」
センターカラー「Mr.Clice」


『ジャンプSQ.』連載5作品番外編
「この音とまれ!」「怪物事変」「有害指定同級生」「奥村雪男の哀愁」「ギャグマンガ日和GB」


特別付録:(雑誌版のみ)
小畑健が描く「青の祓魔師」ポスター×加藤和恵が描く「プラチナエンド」ポスター



※ 『SQ.RISE』関連は以上です。



『ジャンプSQ.5月号』デジタル版特典の「血界戦線」再録は、「とある執事の電撃作戦(ブリッツクリーグ)」
このお話大好きで 何度読んだか分かりませんが、覗いたらまた読みふけってしまいました(;^_^A ほんと楽しい。
 

巻末コメント 『ふたりぼっち戦争』の肘原えるぼ先生
「最終回になりますが、また戻って来れるように頑張ります! 約一年間有難うございました!」


もう終わっちゃった…寂しいなあ  
こちら終盤になって突如「代理戦争」云々と Dグレも彷彿とさせる壮大な構想が姿を見せ出しましたが、決着がつかないまま一旦の幕引きとなりました。 
主人公の仲のいい姉弟も、勝手なイメージですが 「ZONE」の主人公と被る気がして(“姉の中に弟”と立場は真逆ですがw)…
まだまだ彼らの行く末を見届けたかった。 叶うものでしたら、続編を再開して欲しいですね!  

とりあえず肘原先生、お疲れさまでした。 次回作をお待ちしています。


ちょっとしんみりしてしまいましたが、今のところ連載は順調なD.Gray-man、無事大団円の最終回が見れるよう これからも応援を続けたいと思います。

もう4月ということで、『SQ.RISE』の後には星野先生のお誕生日も来ますね(4/21)。
皆さん、ファンレター出しましょうね!!!


それではまた。

(※4/5追記)Dグレキャラも参戦の「ジャンプチヒーローズ」、サービス開始です。



いよいよ始まりましたね^^

公式からは昨日、先行ダウンロードの案内がありましたが まだの方はこちらです 
⇒ Android向けDLページ
⇒ iPhone向けDLページ

ツイッターがもうお昼から ゲーム参戦組の楽しそうな声で一杯で、Dグレでこんなに賑わうのも久しぶりですね(*´ω`)
こっちまで嬉しくなってしまいました。

出場キャラは今のところ アレンの他 神田・ラビ・リナリー・クロウリー。
さらに ミッションクリアでクロス師匠も登場(←無駄に力が入りますね)ですとか♡ 

実際の風景はこんなだそうで。 (しましまこさん、御協力有難うございましたm(__)m)



皆さんの戦果をお祈りします!



※ 追記 (4/6)

皆さん、ジャンプチ進んでますか?
この告知記事を投げっ放しのまま早10日ww 

何のフォローもできませんがせめて 『シロクロライン』さんがお役立ち記事を連投されていますので 御案内します。

「ジャンプチ ヒーローズ」リセマラでDグレキャラを当てよう (3/30)

「ジャンプチ」初心者向け・戦闘と育成のコツ (3/31)

「ジャンプチ」初心者向け・戦闘の基礎 (4/5)

説明が分かりやすくて楽しそうですね!^^   どうぞ御参考に。
そろそろクロス師匠のお姿も拝みたいものですねw



神田フィギュアの予約受付が本日開始です。

本日一番のハイライト。
明日まで東京ビッグサイトで開催中のAnime Japan 会場内・ANIPLEX+(アニプレックスプラス)ブースに、彩色原型の神田とまだ無彩色のアレンの1/8フィギュアが展示されています。 
そのうち神田ユウモデルの方は 今日から予約受付が始まりました。 期間は5月末まで。





販売店舗は「アニプレックスプラス」と「あみあみ」だけ。
アニプラの特典は、上のツイートリンクにある通り 謎の「チャームセット(六幻&そばどんぶり)」ですが、
あみあみの方の特典はアクリルスタンドだそうです。

受付もまだ始まったばかりですので、両店の説明をよく読んで慎重なお買物を!w

取り急ぎここまで。
また何かありましたら追記に来ます。ではv

ジャンプショップ(&アニメイト)でアニバーサリーフェア開催中です。

期間は3/16 (金) - 4/8 (日)
ジャンプショップでは下の公式ツイートにある通り、対象商品1,000円ごとにマルチケースのプレゼントがあります!

レジで20種類の中から希望デザインを選び、その場で手渡しとなります。
“ジャンプフェスタ2018”グッズを含む原作商品を 税込1000円」とあるので、中に一つでもジャンプフェスタ2018グッズが含まれていれば、他は既存の原作グッズでまとめてもOK。




一方、アニメイトの方のプレゼント品は 「ジャンプフェアセレクション」と銘打ったカード56種で、対象商品500円につき1枚。
ただしランダム配布となります。Dグレを引き当てるのはなかなか大変そうですね…(^^;

両店のフェアの比較記事を出して下さった『シロクロライン』のとらみさんの記事はこちらです。 
予定のある方はぜひ御参考に。


・・・というわけで、私も本日行ってきました。
場所はジャンプショップ東京駅店。 到着は11時くらいで(さすが平日)店内がとても空いていたのはいいんですが、棚もあちこち隙間が目立ちまして… (・_・;) 週末の賑わいの直後だからかな? 
SQ.ステッカーコレクションや、血界戦線の下敷きなんかが欲しかったですが、さっぱり見当たりませんでした。 ぬいぐるみやアートギャラリーも無かった orz。
たださすがに キラキラクリアファイルだけは数に余裕がありましたよ。
(Dグレに関しては実質これしか該当の「ジャンフェスグッズ」はないので当然といえば当然ですが…)
残るはクラッチバッグが少しと、新ver.の缶バッジでしたね。 
まだフェアも始まったばかりですし、棚がガラガラでは困るでしょうから 一時姿を消した商品もこれから再入荷があるかも知れません。 

というわけで 戦利品はこれだけ。 

fair1.jpg
購入品は、キラキラクリアファイル×1と缶バッジ×2。 バッジのワイズリーは持ってなかったので嬉しいですv ネアは2枚目♪

fair2.jpg fair3.jpg
(こちらの画像は 左右で大きさが違ってしまいましたが、同じ「マルチケース」の表と裏です)




あと、全く存在を忘れていたんですが←「365日ステッカー」プレゼントもやっていたんですよね。 こちらはお買上額500円以上で。
今日は「約束のネバーランド」のエマ&レイでした^^ 今日の東京店は、公式が11時28分に終了のツイートをしていたので、欲しい方はお早めに。
3月分と4月分の予定ツイートを貼っておきますね。 Dグレキャラはなかなか来ないなぁ…





それではまた。 これからの皆さんにも御武運がありますように!



集英社コミック公式 S-MANGAより 『ジャンプSQ.RISE』の発売日が発表になりました。

いつからか、呼称表記は「S-MANGA」になっていた公式サイト(集英社マンガネット)、
来月(2018年4月)分の発売日一覧が出ています!

それによりますと、『SQ.RISE(スクエア・ライズ)』は 4月16日(月)ですね。
リンク先のSQ.公式サイトに飛んでも関連情報がまだ何もなくて心もとないですが、日程的にはこれでほぼ確定と思われます。



※追記 ('18.3.24)
この記事上記で、長いこと発売日の4月16日を「金曜日」としたまま放置してしまいましたが 正しくは「月曜日」の間違いでしたので訂正しました。 済みません。

勘違いの元は多分私が3月のカレンダーと見違えたせいだと思いますが、これまでSQ.CROWNの発売日は原則金曜日だったんですよね。
RISEの発売日がこれからずっと月曜になるかは まだ分かりません。



一覧表中のライズのロゴも 未だ旧「SQ.CROWN」のままなのにはツッコみたくなりますが、まだ色々準備が間に合ってないんでしょうかね~(笑)
まあ リニューアルでタイトル変更はあっても、中身的にはこれまでとほぼ同じということの表れではないかと。
気になる刊行ペースですが、これまで3か月おきに発行されていたクラウン同様 タイトルに「2018 SPRING」と付いていますから こちらもそのままの様子。
イメージはガラッと変えてくるのか… 模様替えが楽しみですね。

「D.Gray-man 第228夜」の掲載もお待ちしています。 何卒よろしくお願いします!

久々のコラボグッズ情報ですv(ブーティー&腕時計)

実はもう2日前のこと。 アニメ 『D.Gray-man HALLOW』とのコラボ商品として、スーパーグルーピーズ(SuperGroupies)さんから 靴と腕時計の新作情報が出ました。
巷でも拡散済みとは思いますが、一応ここでも御紹介しておきますね。
購入はサイトからWEB予約で。 
靴・時計とも受注生産品のため、商品到着は今年7月中旬頃。

団服モデルブーティー(22.0cm - 25.5cm/ワイズE/ヒール7cm)が
¥19,800(税抜) ※材質:ポリウレタン、ヒールABS、靴底合成ゴム、他

アレンモデル腕時計(ローズクロスのブレスレット付属)が 
¥ 13,800(税抜)  ※材質:真鍮、ベルト牛革、裏蓋ステンレス、他


やや高額商品ですので サイト記載の仕様や材質、またお財布事情など十分吟味のうえ御検討くださいね。
予約の締切はどちらも3月25日㈰まで。 


今回購入予定がない私がどうこういう事でもないんですが、何故こういうのって女性向けばかりなんでしょうね… 
原作は少年漫画なのに(;^_^A
ごつめでインパクト大の男性用ブーツや時計もなかなか宜しいのではと思いますよ?

今回企画もハログレありきで実現できたようですが、ジャンプ公式からも原作漫画準拠の大人向けグッズがどんどん出てきて欲しいと思う今日この頃ww ほら、キャンベルコートとかさあ←


きりがないので黙りますね。 それではまたv


『ジャンプSQ.2018年4月号』定例報告。(電子版より)

SQ.発売日です。 
今一番気になるのは『SQ.CROWN』後継誌の 『SQ.RISE』関連情報ですが、電子版に限っては今号も目立った動きはありません。

まあ『SQ.19』が休刊となり『SQ.CROWN』が始まる前も、発売月(7月)初頭まで発売日はおろか誌名まで伏せられていましたから、特にがっかりすることはないかと…
今回はまだ「RISE」という誌名も、今年4月に発売となることも事前に分かっているだけましですよね(^^;
来月のスクエアでは、普通に予告が見れるのではと思います。お楽しみに!


▽ 星野桂先生の「クラウン新人漫画賞」講評

今号の目玉はこれ。
佳作が1点、編集部特別賞1点、あと最終候補作が4点。 ここまでは一つ一つに星野先生の具体的なアドバイスが付いています。
指摘内容はストーリー展開と 読者に分かりやすい見せ方等。 
(絵が描けない私が言うのもなんですが) 昨今の受賞作品はどれも絵が綺麗でお上手ですよね~♥ 
デジタル作画が当たり前になったこと、ネット環境が整って 早いうちから沢山の作品を目にし 自分の絵を人に見てもらえる機会が増えたことなど様々な影響からでしょうが、昔の少年漫画とは隔世の感があります。

星野先生総評
「全体的にストーリーと主人公が噛み合っていない話が多かったように思います。 おそらく主人公のキャラクターとストーリーを別に考えているのではないでしょうか。 主人公のポジションは話の中心であり、最も活躍しなければなりません。 またラストシーンはしっかり締めるよう心がけて下さい。 アクションシーンなど作画が大変な場面を省略する方が多いですが、しんどくても逃げてはいけません。 頑張ってください。」

ここはそのまま「D.Gray-man」に期待できる所と肝に銘じておきます^^  ありがとうございました!


▽ その他。

「血界戦線」の再録作品は「拳客のエデン」。(←電子版特典です)
「ふたりぼっち戦争」はいよいよ次回が最終回です。
「青の祓魔師」は来月休載。
「ド級編隊エグゼロス」のきただりょうま先生の巻末コメント 「実際に何人がここ読んでるか気になるので、ツイッターに巻末を見たと言ってくれた人全員に壁紙送ります」
「BLACK TORCH」は来月から「ジャンプ+」へと引っ越しです。
「活撃 刀剣乱舞」(絵・津田穂波先生)はSQ.HPで連載中。
「るろうに剣心 北海道編」は今月も引き続きお休み。

大体こんなところで。

次号『ジャンプSQ.5月号』は 4月4日(水)発売です。

『ジャンプSQ.3月号』定例報告。<電子版より>

何かと私事にかまけて『SQ.CROWN 2018WINTER』号のDグレ感想も進まず このSQ.定例報告も発売から一日遅れになってしまいましたが、とりあえずサクサク行きます。
今月は4日が日曜日のため、『ジャンプSQ.3月号』はいつもより2日早い発売日でした。


結論から申しまして、今回 めぼしいDグレ関連情報はありませんでした。

SQ.増刊誌の『ジャンプSQ.CROWN(ジャンプスクエアクラウン)』という誌名も今号で終わりますが、広告ページでは後継誌の『RISE』(4月発売予定)情報はもちろん 『SQ.CROWN』終了自体にも触れていません。 今まで通りの体裁で 発売中の『ジャンプSQ.CROWN WINTER』号の案内が掲載されているだけでした。

この中で電子版SQ.も宣伝していますが、宣伝文句が「ジャンプSQ.を定期購読すると ジャンプSQ.CROWNが無料で読める!!」っていうのはそろそろどうなんでしょう… 
今すぐ申し込めば(契約は3カ月単位)今号のスクエアクラウンが付いてくるので、ぎりぎりセーフかしら (^^;
それよりも 次からはクラウンの代わりにライズが付くことになるのか否かとか そっちの情報が欲しかったですが…

次を待ちます!


さて。 
雑誌『RISE』の告知の方はありませんでしたが、「クラウン新人漫画賞」から呼名が変わる「ジャンプSQ.RISE(スクエアライズ)新人漫画賞」の募集は大きく載っています。
詳細が公式サイトに上がっていますので 御興味があればこちらでご覧ください。
確約されたゲスト審査員の中に「星野桂」先生のお名前があるだけでも だいぶ今後への安心材料になるんではないでしょうかw


ほかデジタル特典としましては『血界戦線』が再録。
今月は前回に引き続きコミックス3巻収録の「震撃の血槌(ブラッドハンマー)」


連載作品では 「ふたりぼっち戦争」と「青の祓魔師」が双方とも物語の核心部分に触れていて、(個人的感想ですが)Dグレみが最高だったとだけ(笑)
初めの着想は似通っていたかもしれませんが それぞれに完成されたまったく別の物語として楽しませてもらえて。
「話作り」の大切さは漫画賞の講評でも毎度強調されているところですが やっぱり第一線の漫画家さんの技量は凄いんだなと感服した次第です。


書くことがなさ過ぎて 脱線気味の定例報告でしたがこれで終わります。
ブログの滞っている感想記事も、なるべく早く上げるようにしますね。
次号、『ジャンプSQ.4月号』の発売日は3月2日(金)になります。

ではまた!


『ジャンプSQ.CROWN』は今期で終了。

電子版クラウン読みました。 で、D.Gray-man第227夜の感想に入る前にちょっと残念なお知らせ。

2015年7月から 隔月刊『SQ.19(エスキューイチキュー)』の後継誌として発刊されていた季刊誌『ジャンプSQ.CROWN(ジャンプスクエアクラウン)』ですが、本日発売のこの号で終了となります。

2年半という短い間でしたがお疲れさまでした。


ただ、それほどがっかりすることはなく。 
次代の『ジャンプSQ.RISE(ジャンプスクエアライズ)』が、今年4月から発刊予定ということでした。
(目次後の広告ページより)

クラウン刊行前のように 後継誌がいつ出るのかも知らされず何か月も待たされることにならなかったのは有難いですね。
少なくとも『RISE』には(新人漫画賞のタイトル切り替えも同時だったように) 新人漫画家の登竜門としての大事な役目がありますので、雑誌の内容的な変化はあまり無いでしょうね。

しかし現在のところこれ以上の情報がないため、『RISE』もやはり3ヶ月おきの季刊誌として続くのかどうかと(値段も不明)、
それより何よりこの雑誌が今後も「D.Gray-man」の掲載誌になるのか?がハッキリしないんですよねえ(;´▽`A``

まあ星野先生が今年8月期のRISE新人賞の審査員に決定していることは前にもお伝えしてますし、そうそう悪いことにはならないでしょう。
今から心配し過ぎていいことは何もありませんので、続きを楽しみに 今後も応援とSQ.本誌の観察を続けたいと思います。


さて。今月号の付録のカレンダーですが、もちろん電子版には付きませんが絵柄はちゃんと確認できます。
「D.Gray-man」のほか「血界戦線」と「双星の陰陽師」
この3作品で12カ月を分担していますのでDグレは9・10月と11・12月の2ページ。 
絵柄は去年夏号と秋号の扉絵です。(ノア3人組と秋色アレン) 
表紙の集合絵は、いつかの←クラウン表紙絵になっていた戦闘モードアレン。


【 星野桂先生の巻末コメント 】

「サイン会で読者の方と色んなお話ができて幸せでした。 幕があったおかげであまり緊張せずに済みました。」<星野>



次は第227夜の感想です。あ、今回20頁掲載でした。 とりあえず雑誌の報告はここまで。


『SQ.2018年2月号』のDグレ関連。<デジタル版より>

昨日がジャンプSQ.の発売日でしたので、定例報告です。


▽ 『SQ.CROWN 2018 WINTER号』の予告ページから

クラウン次号の発売日は、集英社マンガネット発表以降 ツイッターでは何度か告知してますが、ここでは初めてでしたね あらためまして。

Dグレ連載誌『SQ.CROWN 2018WINTER号』の発売日は、2週間後の1月19日㈮です。 
値段は定価の税込690円。
(それにしても一覧掲載の雑誌タイトルが紛らわしいこと… スクエア公式サイトにも早く告知が欲しいですよね ><) 

とりあえず朗報。 今度の雑誌版には、特別付録のカレンダーが付きます。(多分折込サイズ)
 「D.Gray-man」 「血界戦線 Back 2 Back」 「双星の陰陽師」の3作品構成。


表紙(&センターカラー)は「血界戦線 Back 2 Back」、巻頭カラーに「双星の陰陽師 化野紅緒編」、
「D.Gray-man」は今回もセンターカラー。
←扉絵今度は誰かな~♡

昨年末は 星野先生のトークショーやらサイン会といった企画ラッシュで、嬉しい一方で連載への余波がやや心配でしたが、(告知に新作絵やアオリ文が付いてないとかは今更ですので)ページ数はともかく物語はまた一歩前進ですねv 楽しみにしましょう!


▽ その他

〇 新春企画として、「SQ.センター試験」があります。見開きで問題文が全問出ていますが(Dグレや血界戦線もあり) 応募はWEB企画ですので、どなたでも。 
ただSQ.本誌の連載作品に慣れていないと苦戦しそうですね(^^; 
賞品はプレステ4や図書カードなど。 〆切は1月13日一杯。

〇 来月号から、SQ.新人漫画賞のタイトルがまた変わります。 題して「ジャンプSQ.RISE(ライズ) 新人漫画賞」
ゲスト審査員の顔触れは、[3月期]加藤和恵先生 [4月期]大場つぐみ先生&小畑健先生 [5月期]矢吹健太郎先生&長谷見砂貴先生 [6月期]秋本治先生 [7月期]内藤泰弘先生 [8月期]星野桂先生
初回の加藤先生の回は、3月3日締切です。 
星野先生の時はちょうど夏休みですね。 御興味のある方はぜひご参加を。 

今続いている新人賞の今月の審査員は「怪物事変」の藍本松先生でした。 総評はもっぱら「キャラクター作り」について。
先生御自身がいつも心がけていられることなんでしょう… 納得です^^

〇 デジタル版特典の「血界戦線」再録
今月はコミックス3巻収録の「パンドラム・アサイラム ラプソディー」。 デルドロ&ドグ・ハマー初登場回です。



一応こんなところでした。 SQ.本誌の次号発売日は2月2日(金)になります。 税込590円。

ジャンプフェスタ2018、おつかれさまでした。

今年のジャンプフェスタも おととい・昨日(12/16-17)の日程で無事終了しました。

我家では 冴えないですが毎年のように当てにしてお使いを頼んでいた家族も予定が合わず(たとえ別作品でも記念のキーホルダーは欲しかったですね~!!(^^;)、ツイッターの公式アカウントとフォロワーさん達が呟かれる実況レポが得られる情報の全てでした。


▽ 1/8スケールフィギュア(神田・アレン)

D.Gray-manジャンルで、今回最大の目玉は何といってもこのフィギュア展示でしたね!(by ANIPLEX plus)
いざ形になってみるとアレンさんの方も神田に負けず劣らず素敵です^^ ティムも元気にお供している健気な姿が嬉しい💛


先に制作発表のあったアレンと神田よりも、メガハウスG.E.M.シリース゛のラビフィギュアが先行してしまい、こちらの企画は大丈夫なのかと随分心配されましたが このジャンプフェスタで1/8スケールの神田(彩色原型)とアレン(原型)フィギュアも堂々のお披露目となりまして、これでようやく安心できそうです。
この2体に関してはまだ発売日等の予定は未定ですので 続報をお楽しみに。 
公式ツイートの画像にもある通り 少なくとも来年中には、ですね。


▽ ジャンプ原画ワールドの展示


(Aiさんのツイートより。今年はSQ.連載作品の色紙展示コーナーは撮影OKになっていました。星野先生トークショーのジャンプショップ店内に飾ってあったのも、SQ.2018年1月号のプレゼントなのも同じこの色紙です。SQ.ブース来場者プレゼントのアクキーもこの柄ですよね^^)

星野先生てば よくぞこんな素敵な構図が思い付きますやら💛 アレンの自然で男の子っぽい表情がたまりませんね。ポピーを持つ指先まで美しいことこのうえなく。 眼福!!
原画コーナーは他にも4点ほど展示されていたそうですが、そちらは撮影禁止ということで画像はありません。
この後の霄さんのレポートでも触れられていましたので、そちらで脳内補完をよろしくw

今回の「高級複製原画」の販売にD.Gray-manの作品はありませんでした。
ただ今年も後半はトークショーやサイン会と 公式主催のお楽しみが一杯でしたしね。 あまり多くを望んでは罰が当たるかも…


▽ 来場者の皆さんのレポート

★ モロンさん <ブログ:「The Parallel」>
「JF’18【星野先生サイン会】 (12.17)」  /  「JF’18【アレン、神田フィギュア写真】 (12.17)」
幕で仕切られたサイン会場で実際に星野先生とやりとりできたのは参加当選者だけですので、貴重な体験談ですね。
今年は例年以上にフィギュア写真も力が入ってますw ありがとうございました!


★ あやおさん <ツイッター @l_ayaoxo >

※こちらはログイン公開のぷらいべったーです。 ツイート内のリンクからどうぞ。閲覧にはツイッターのアカウントが必要です。ログイン後にぷらいべったーアプリの承認をお願いします。 「革命機ヴァルヴレイヴ」の話をされた時の先生の反応など…楽しいのでぜひ読んでみてくださいね。

★ 霄(そら)さん <ブログ:「はちろく」>
「ジャンプフェスタ2018、Dグレ」
毎年お世話になってます 霄さん。 ジャンフェス場内隅々が豊富な画像と共に紹介されています。 今年もDグレアクキーを引き当てられたそうで、おめでとうございますv


これからレポも続々と上がってくると思いますが 一応ここまでにします。
また追加できるようでしたら 後ほど追記で。

D.Gray-manにとって 今年もいい年でしたね・・・ それではまた!
次は先日発売されたばかりの『季刊エス vol.60』の 星野先生寄稿についてです。



ジャンプフェスタの追加情報(※フィギュア展示)と、『SQ.1月号』雑誌版限定プレゼントその他。

▽ ジャンプフェスタ続報

前回告知記事で 『SQ.1月号』電子版から ジャンプフェスタSQ.ブースの来場者プレゼントのことなど細々お伝えしていましたが、つい先ほど アニプレックス+のツイッターアカウントより待ちかねた新情報が入りました!


と、今のところこれだけ。
要約しますと、今度の展示内容は (今年5/27にメガホビEXPOでお披露目済み)「1/8スケールフィギュア原型・神田ユウ」の彩色版と、(こちらは初出展)「1/8スケールフィギュア原型・アレンウォーカー」の無彩色版が同じアニプレックスブースに並ぶことになりますね。
実際の画像や商品化の目途等具体的情報はJF当日の明日までお預けになりそうですが、これでいよいよ先に商品化されたメガハウス製ラビと合わせ、Dグレ3トップの1/8フィギュアが出揃うわけですね💛 楽しみです。

引き続きアニプラ公式情報(@aniplex_plus)に御注目下さい!



▽ 雑誌版『ジャンプSQ.1月号』だけの Dグレオリジナル賞品プレゼント

このタカキツヨシ先生のツイート添付画像(2枚目)でもぼんやりと← お目当て賞品の概要が伺えます…(笑)

私は結局今月号の雑誌版は未購入で「トートバッグ」の画像も確認しきれずにいましたが、『シロクロライン』のとらみさんが関連記事を更新されました。

こちらからどうぞ ⇒ 「ジャンプSQ.2018年1月号のDグレ情報とジャンプフェスタ(追記あり)」(2017.12.14)

聞くところによると ぼんやり画像の正体は、「やあ千年公」の場面のネア(外見アレン)に アポクリ戦で二幻刀を抜いた闘志満々の神田らしく・・・
そこにALLEN WALKERの文字も入るとか (『The Parallel』モロンさん情報より) 折角の記念品なのにツッコミ所が💧 

------ ネア化アレンと神田を並べるなんて何を狙ったんでしょう ((((;゚Д゚))))スパンといかない?怖いよう  ------

なんにせよ これがレアアイテムなことだけは確かですね。   (…ネタ的にも)←←←しつこい 
最初話を聞き及んだ時は、いずれジャンプショップにも並ぶ新商品と勘違いしていましたが そうじゃなくてここだけで手に入る希少な50枚だそうです。
雑誌版スクエアの1月号、お近くの書店になければAmazonにも在庫は残っていますので 欲しいな~と思う方はどうぞチャレンジしてみて下さいませ(*^-^*)


[ここより 最初の投稿分の続き]


▽ lineやゲームでもD.Gray-manが。
※訂正とお詫び 
先程慌てて「新作ゲーム」と書いてしまいましたが、ゲーム自体は今年7月に発売済みでした。勘違いですねごめんなさい。
このほどその参加キャラ中にアレンも投入される(そちらの日程はまだ未発表)ということでした。

とらみさんが もう一本告知記事を上げておられます。 
⇒ 「D.Gray-man 2017~2018 年末年始の予定まとめ」(2017.12.15) 必見です。

Dグレラインスタンプのことはここでも御紹介済みですがそろそろ忘れかけている頃でしたね(笑)
思い出させて下さってありがとうございます。

あと 具体的期日は未定ですが「週刊少年ジャンプ オレコレクション」の中にDグレのA.Wも登場するとか。 私はゲームはやらない人なので関連情報は慣れた方にお任せしなくては…(^^;


ゲーム広告のアオリ文ですが (←こういう些末な所ばかり気になるww)
→左眼に呪いの傷を持つエクソシスト、アレンの参戦が決定!
十字架を使う強力な技に期待!!


なにせタイトルが「週刊少年ジャンプ」ですもんなぁ WJの看板だった初期のアレンのイメージでやるということでしょうね。
「イノセンス」でも「クラウン・クラウン」でもなく 当時アレン自身がこう呼んでいた「十字架」名を出してくるのは。
他にも設定上 「魔」以外は断つことのできないクラウン・クラウンでは武器として扱いにくい事情もあるかも知れません。

まだ詳細が分からないだけに勝手なこと言ってますがwww
昨今はすっかり元気に「ジャンプ」の一員として あちらこちらに出没しているDグレが頼もしくてなりませんよねv
どうぞこちらもお楽しみに!!


それでは今日はこれで。
明日・明後日幕張メッセの方は、今夜は早めにお休みください。防寒対策をお忘れなく。

『ジャンプSQ.1月号』電子版より。(主にJFプレゼント関連)

例により今月も電子版から。
寂しいですが、猛プッシュで北海道編が始まったばかりだった「るろうに剣心」はお休みです。
目次ページには今月休載としか書いてありませんが、HPの方ではもう少し詳しい文面で読むことができますね。
「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-』休載に関するお詫びとお知らせ」
ファンの方は残念でしょうが、「当面の間休載」とのことでした。


 
さて。年末恒例ジャンプフェスタ情報。
やはり気になるのが SQ.ブースで毎年無料配布されるあれ(笑)ですが…

▽ ジャンプフェスタのSQ.ブース来場者記念グッズ

一昨年のミニ色紙・昨年の缶バッジにつづき、今年も年末恒例連載陣サイン色紙の絵柄(先月号に掲載。まだ雑誌の応募券を持ってる方は本日12/4 が応募締切!)を使用しましたアクリルキーホルダーのプレゼントがあります。
全部で21種類。うち、下の入手方法のうち②と③はランダム2個セットの配布で、中身の指定はできません。
入手方法は3通り
① ジャンプSQ.ステージ観覧者に、出演作品のキーホルダーを1個。(なのでここはD.Gray-manとは無関係)
② ツイッターによる事前応募の当選者(12/16㈯と12/17㈰各1000名)
③ 当日配布
(整理券式)

②のツイッター応募について。
応募期間は12/4 0:00 から12/11 23:59 までです。
まず、SQ.公式アカウント(@JUMP_SQ_)をフォローすること。 当選連絡のDM画面が「引換券」になります。
そして、受取希望日に沿ったハッシュタグ(#アクキ土曜/#アクキ日曜)を使って、JF2018への熱いメッセージを呟いて下さい。
※当選のDMで受取時間帯も指定されますが(そこ以外無効)、これは応募者からは選べません。
※本人確認もありますので、参加当日は顔写真入りの身分証明書をお持ちください。

またまたツイッターTLで悲喜交々が展開されそうですね~(;^_^A
もしもツイッターで落選しても、当日配布分がだいぶあると思うので希望をつなぎましょう。
会期中は前例ですと日に何度かに分けての配布になると思うんですが・・・ ただその整理券も有限ですので当日分がなくなってしまうという事はあると思います。
今年は特に土曜日、星野先生のサイン会があるということでいつも以上の人出になるかも知れず 正直 正確な予想など無理ですので下手なことは言わないでおきますね。
ただ冬の最中で(お天気も良くない予想が出ています)あまり無理して暗いうちから並ばないでね。体調を崩してしまいますので。

今年の色紙絵は、「SQ.10周年記念」を意識されたためか、どれもいつも以上に丁寧な筆致ですよね。
四角いアクキーなら去年の丸くトリミングされた缶バッジと違って 絵の縁が切れてしまうこともあまりなさそう… アレンさんの持つポピーもティムの翼もちゃんと入りそうです♡


また、SQ.ブースの無料配布で、試し読みコミックスも復活しました。
タイトルは「SQ.10周年記念スペシャルコミックス」
表紙絵を見る限り 内容は主に肘原えるぼ先生ら新人作品のプッシュになりそうですね。
この企画、大体どの作品も既出の連載第一回が載ることが多いですが 何が楽しみって執筆先生方のイラストメッセーシ゛が入ることですね。他ではなかなか見られませんのでもし手に入りましたら楽しみにしててください。

Dグレに関しては以前 WJからSQ.に移籍の際あの「聖戦ブラッド」回が掲載されたことがありましたが、今年はおそらく無いんじゃないかな(^^; 分かりませんが。


ジャンフェス関連でめぼしい所は以上。 
何か大きな変更・追加があれば訂正に来ますが、ここよりまずジャンプフェスタの公式サイトが確実ですのでチェックをお忘れなく!

※ 追記 (12/5 8:30)
今朝、公式サイトにSQ.ブース来場者特典の詳細が出ました! アクキーの画像あります。
注意事項も多いので、幕張メッセに行く前にぜひご覧下さいね。



▽ 肘原えるぼ先生・許斐剛先生のサイン会
こちらはジャンプフェスタとは別企画です。1/21 14:00- 東京 アニメイト池袋本店で開催。 
応募条件としては、まず全国のアニメイトで 1月4日発売の次号『SQ.2月号』を購入(発売日前は予約)して応募用紙をもらうこと
その用紙の記載に従いWEBでの申し込みになります。 
※まずCLUB animateへの登録が必須。 
※当選発表は1/13頃電子メールで。


他はデジタル版のみの特典で、『血界戦線 Back 2 Back』の復刻連載もありました。
お話は今季アニメ第2回の時の「Day In Day Out」です。 


軽くこんなところで。
今日あたり、星野先生サイン会の当選通知が沢山届くはずですね。 どうか当たりますように!

「星野桂先生スペシャルトークショー」個人的感想。

早いもので 星野先生のトークショーフィーバーからもう一月経ちました。 サイトに上がっていた公開録画は御覧になれたでしょうか。
今更感で一杯ですが、個人的感想をちょっと挙げておきますね(また記事更新しづらくなってるのでリハビリの意味でも…(^^;)



JUMPSHOP 東京ドームシティ店内。 壇上には星野桂先生の他、現役担当の小菅氏と初代担当の吉田氏が御登場。


〇 段ボール仮面ふたたび

星野先生談ですが、自分だけこれをかぶるのもどうかと迷ったものの これも後日の動画配信のためなので、次のジャンプフェスタサイン会の時は普通に顔見せ致しますということでした。 
箱を被って登場という冗談みたいなスタイルも ハログレのニコ生配信以来すっかり星野先生のトレードマークになってしまいましたね。 理由的には単に絵面が「面白いから」というのも大きかったんではないかなあ…と思いながら録画を見ていました。
何にせよ これ一つで会場が一気に和やかムードですから。 

加えて最初のごあいさつで 星野先生がわざわざ「吉田さんと対峙」と仰ってたのがおかしかったです。仇敵かww


〇 星野先生の新人時代から連載開示当時までのエピソード

--- 元々アニメーターの仕事をしていて(「こち亀」や「Hunter×Hunter」の作画)それを辞めたら絵本作家になる事ばかり考えて過ごしていた。
なぜか漫画を描いて持って行くことになったが、実用的な基本知識もなくて(ペンとかノド・写植のスペース等)大変だった。

--- 連載タイトルが「D.Gray-man」に決まるまで大分あって、当時の吉田氏が「Pure」←new! という候補名を出してきたことも…
[星野先生] 「神保町のロイヤルホストで一緒に話をしていたら、吉田さんが凄く真剣な顔をして「ピュア」と言ったんで、マジかー ピュアはないですねーという話になった あれはちょっと衝撃…」
[吉田氏] 「全く覚えていないので! 今言われても痛くもかゆくもないですね」

平然を装いつつ、内心の動揺が隠しきれない様子のY氏。 これは効いたか(笑)

--- とりあえず作品を3話分まで作って連載会議にかけるのが慣例だが 星野先生の新連載が通った時のタイトルは「Dools」。
[星野先生] 「むっちゃ恥ずかしいこれ」
[吉田氏] 「自分でダメ出ししてんだからいいじゃない」
[星野先生] 「そうですね」

というお二人のやり取りでほのぼの🌸 
「Dools」候補の方は最初のファンブックでも既出ネタですが、星野先生がこれを恥ずかしがっておられたとは意外でした。

--- 連載は決定したが、そこから会議に出した2話・3話を全部捨てて描き直したいと星野先生が言い出して、開始早々ギリギリのスケジュールになって大変だった。
[星野先生] 「そうでしたっけ… そうだったかな」
[吉田氏] 「これダメじゃん お互い何も覚えてなくて」
[小菅氏] 「フォローしておくと 二人はすごく本当は仲がいいので…」

小菅さんが 一所懸命フォローに回っているところも和みましたね(*´ω`)

--- とにかく星野先生が連載開始から大変だったので、吉田氏が当時の自宅近く(北千住)に宿まで探して下さったり。
そういう事情で、深夜の3時頃でも自転車で星野先生のマンションと自宅を行き来していた話。
北千住大橋の花火大会(ローカルw)で星野先生がお姉さんと歩いていたら、吉田氏が「凄くカッコイイ」バイクの後部座席に彼女を載せて走り去っていった話とか。
[小菅氏] 「その時の彼女が」
[吉田氏] 「妻です」
[小菅氏] 「ピュアですからね」



〇 コミック1巻が出る時のエピソード

[吉田氏] 表紙カバーに星野先生が伯爵を(伯爵だけを)描きたいと言い出して絶対ダメだねと
[星野先生] 売れないねって言われた
[吉田氏] 色々言ってきたよね 伯爵を正面に書いてアレンを逆さにするとか・・・
[星野先生] そこで北千住のマンションで押し問答を・・・
連載が始まってここで間違えるわけにはいかないという吉田さんの気迫を感じて、アレンをもっと見せる感じになって 今となってはあれで良かったと思ってます
[吉田氏] そういうのがあるから マナやクロウリーがちゃんと生きた絵が描けるようになったかなと
皆さんもやはりアレンとか神田がいてくれた方がいいんじゃないかと思うので “たまには”オフショット的なものもいい

〇 星野先生の休日調査票

傍らに置かれていたホワイトボードを裏返すと、あらかじめボードマーカーで手描きされた円グラフと セーラーティムの絵が(^^;
それを横目に星野先生が御自身の休日の過ごし方の説明をされました。
朝8時 コロ(愛猫)といちゃいちゃする ごはん
10時 文具店に行く①
    文具店に行く②
17時 ここ滋賀
19時 ごはん
20時 買った文具を検証+文具サイトチェック
23時 風呂
24時 ホラー映画を観る
25時 寝

--- とりあえず何もしないぞという日は朝10時から文具店に行く(最低でも2店舗)。 陳列チェックとか新商品を見たり、朝10時に出て夕方5時位に帰る。
最近 日本橋に「ここ滋賀」(滋賀県のアンテナショップ)ができたので、そこへ行きたいなと…(「そのうち」)
--- あとは その日に買ってきた文具類を使ってみて自分なりのレビューをまとめて、あと気になる文具について語られているライターさんのHPやブログとかをチェックして計画を立ててるうちに0時過ぎていて お風呂。
--- 夜は猫が起きてきて鳴きやまず大変だったりするので、寝かしつけるために一緒に映画を観ます。
[司会者] 「何でホラーなんですか」
--- Dグレを描くために見始めてから好きになりました。 あまり感動巨編とかでは気持ちの切り替えが難しく眠れなくなるから。


〇 質問コーナーから

Q. 先生が教団に所属するならどこがいいですか
A. 科学班がいいです。重労働でしんどくても皆で一致団結して「やるぞー!」みたいな雰囲気が好きで、多分私が入ったらジョニーみたいなポジションになって リーバー班長に「すぐ倒れるならやめちまえ」なんて言われるんだろうなと思いながら、科学班の中で働きたいなと思いながら描いてるんで。
理想の職場はそこかなと思ってます。


〇 『灰色ノ記録』について

(世に出るまでの苦労話など)
--- 各キャラの休日調査票に最も苦しんだ。
始めはもっとあっさりしたものが予定されていたが、教団員もノア一族も仲間と一緒に生活しているんだから できれば同じ一日の中でそれぞれがどこで何をしているかが全部読めば分かるようにしたくて、軽い気持ちで始めたらものすごく大変…
(キャラ同士の絡みから)読者さんが自分の推しだけでなく他キャラのページにも関心を持ってくれるような作りにしたかった。

メインキャラ以外のキャッシュやジジやジェリーも好きなので どこかで動いているのが感じられるようにしたいと思ったら全キャラのスケジュールを頭に入れなくてはならず、楽しいが孤独な作業だった。

--- アルマやズゥのようにもう亡くなっているキャラや、本編では語れない各人のちょっとした一面なども組み込んで行けたらいいなと…
例えば神田の蕎麦好きのエピソードがアルマ由来とか

--- 前回のキャラグレ投票で10位圏内だったミランダとクロウリーの 描きおろしイラストのページがどうにも確保できなかった。
そこで苦肉の策として、いつもオマケ漫画を入れているカバー下のスペースを使わせてもらうことになった。
中身のネタバレになる心配もあったが、イラストが無くなるよりはいいと思って。

--- 時間をかけて文章もギチギチで、デザイナーさんにこれは入りきれないと言われ 極限まで削ってかつ面白くするのに苦心した。
円グラフも細かく割って、地の柄にまでこだわったので デザイナーさん・最終確認の小菅さん・吉田さん達まで苦労することに…


その他(というかそっちがより期待度大だったかもしれませんが) 『灰色ノ記録』には掲載されなかった星野先生お気に入りの扉絵(カラー)の話や、メインキャラの隠れた特技や恋バナ関連… とても書ききれませんでしたし、ここまで書いたことも必ずしもそのままの順序や言葉づかいではありませんので、あとはブログ『The Parallel』のモロンさんの関連記事を御紹介しておきますね。 ⇒こちら

是非ご覧くださいますように。

そうだこれ読んで思い出しました… カラー扉絵の謎ポーズのリナリーの話が私一番感動したんだった… (ダメじゃん←)

というわけでお粗末でした(;^_^A
そろそろジャンプフェスタのサイン会の当選通知も届きだしたようです。
皆さんのお手元にも朗報が届きますように…
それでは。

星野桂先生トークショーの動画配信が始まりました。

今月5日(日)にジャンプショップ東京ドームシティ店で開催された 星野桂先生スペシャルトークショー(43分間)の公式動画が、今だけジャンプSQの公式サイトから見ることができます。
期限は11月20日(月)12:00。 1週間だけの限定公開ですので、このチャンスを逃がしませんよう!

※昨日の公開開始直後は 携帯端末から見れない、という悲鳴が多数上がっていましたが、その後改善されたようです。



実は私もまだ見れていないんですがw あとでゆっくり拝見しようと思います。楽しみですね(#^.^#)
それではまた。


『ジャンプSQ. 2017年12月号』のDグレ情報。

今朝ひとまずデジタル(電子)版スクエアだけを見て 前回記事を投稿していたのですが、同じSQ.12月号といっても 今回紙(雑誌)版との比較では イベント関連情報量で大分差がついていたので、今回はこちら(雑誌版)中心の説明で行きますね。

◎ 雑誌版のみの掲載情報

★1. ジャンプフェスタの星野桂先生サイン会情報/応募方法および応募券 (P174-175)

別に雑誌を買わないでもジャンプフェスタ2018の公式サイトがあるし、そこのSQ.ブースのページに気をつけていればいずれ応募要項と申し込み先へのリンクが付くはず…と高をくくっていたんですが、現時点(11/4 19:00)でもページ更新がありません。

それより結局 雑誌版のSQ.12月号を手に入れなければ ここ(JFHP)にだけ注目していても応募はできなかったんですね!
教えて下さった方ありがとうございました。

いや~お隣の「ヤングジャンフ゜」×「ウルトラジャンフ゜」ブースのサイン会申し込みは WEBの「サイン会応募フォーム」からとなっていたのでこちらもてっきり同じ方式かと💧 早めに気付けて良かったです。

ではまず開催スケジュール。 
星野先生回は 12月16日(土) ジャンプフェスタ初日になります。 時間は13時から14時まで。

[その他注意事項]
・ サイン会への応募は、「ハガキ」に この号掲載の「SQ.12月号 JFサイン会応募券」を切って貼り、ポストに投函します。
・ 応募ハガキに記載の氏名を名入れしますので、漢字などは読み取れるようにきれいに書き込んでください。
・ 当選者の発表は誌上では致しません。12月4日頃発送される当選通知をもってその代わりとします。国内のみ。
・ 未成年者は保護者の許可を得てから応募してください。
・ 応募は(例えば星野先生の回を申し込むとして そこには)1人1通だけとします。
・ 応募締め切りは11月20日(月) 当日消印有効
ということで 今号が一度限りの応募チャンスとなります。

・ 当日は当選通知がないとサイン会に参加できません。
・ 当日は本人確認ができるものを一緒にお持ちください。(保険証・顔写真入りの学生証・運転免許・パスポートなど)
・ 当選通知やサインをもらった用紙は転売厳禁です。
・ 万一イベントが中止になった場合でも、交通費・宿泊費等の補償はできません。

ジャンフェスサイン会関連はここまで。


★2. 年末恒例 連載陣描きおろしプレゼント色紙の画像/応募方法および応募券 (P8-9)

今年も連載陣の先生方の素敵なイラストが並んでいますが、星野先生の分はやはり ジャンプショップ東京ドームシティ店内に展示してあったという ポピーを一輪手にしたアレンさんでした。
今より髪が短め・ボブ風なのは初期のイメージか… 背景はこれ、紛れもなくティムのシルエットですね♥ 

・ こちらも応募券方式です。ただ、1人1回とは書いてないので、こちらは雑誌を複数買えば同じ数の応募ができると思います。
・ 9ページ左下隅に「ジャンプSQ.12月号 色紙プレゼント応募券」が印刷してあるのでそれを切り取りハガキに貼ってください。
・ 当選者の発表はあります(笑) 来年1月4日(木)発売の『ジャンプSQ.2月号』誌上で。

応募締め切りは12月4日(月) 当日消印有効です。
 

応募関連の2件は以上です。

明日のトークショーでもおそらくこの宣伝があるんでしょうね… 
何たって“D.Gray-manの載ってないSQ.12月号”を推してましたから(笑) 小菅担当氏も張り切ってたわけww 

たとえ当選できなくても、Dグレの楽しそうな企画が一杯なのはわくわくしますよね。(#^.^#)

それでは今日の所はここまで。
明日トークショーのために現地入りされる方、防寒対策を万全でどうぞ。 


最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ついったー
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
166位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
40位
アクセスランキングを見る>>
御賛同頂ければ☆

FC2Blog Ranking

『ブログ村』参加カテゴリ
『ブログ村』PV
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブログバナー(※ここのです)
月別アーカイブ
プロフィール

キャンピー

Author:キャンピー
Yahoo!ブログから移動して'12年10月25日オープン。
それ以前の日付記事は旧ブログからの訂正版です。

生年:不明。35年前には存ざ(ry
BD/Btype:8月某日(Leo)/AO型
身長:160cm
体重:標準(自称)
家族:5人。夫と子供3人(男・男・男)
好物:漫画はDグレでお腹一杯。

<他ツイフィールまで> http://twpf.jp/ripvansf
   

Dグレの応援お願いします。
漫画「D.Gray-man」は、2004年5月31日発売の『週刊少年ジャンプ27号(6月14日号)』で連載を開始し、2009年『少年ジャンプ22,23合併号』(第186夜)まで掲載。 以降2009年『赤マルジャンプ9月20日号」に第187夜掲載を経た後、第188夜からは同年11月発売の月刊『ジャンプSQ.2009年12月号』で連載再開。そこから2013年刊行の『SQ.2013年2月号』の第218夜までを掲載。 同年『SQ.4月号』誌上で編集部より「再開未定の一時休載」告知。 2年半の長期休載を経て、2015年7月17日発売の季刊誌『ジャンプSQ.CROWN(スクエアクラウン)』に場を移し連載が再開しました。 その後、掲載誌は2018年4月16日発売号より『SQ.RISE(スクエアライズ)』とタイトルを変えてリニューアル。現在も継続中です。 コミックスは2013年11月に24巻発売(第218夜まで収録)・2016年6月3日に25巻発売(第222夜まで)・2019年2月4日に26巻発売(第230夜まで)。      <星野桂先生のインスタグラムアカウント(@Katsura_5600)も現在元気に更新中>   
巡回先リンク
順不同です。更新状況その他都合で変更あり。
FC2カウンター
延べ来場者数
Dグレサイト検索エンジン
Dグレファンの個人運営サイトが多数紹介されています。検索に便利。ただし訪問先では各所のルールに従って管理人さんに失礼のないようにしましょう。 
「ディーグレイマン ナビ」 「ディーグレイマン サーチ」